Top > Search of Japanese Patents > SYRINGE PUMP DEVICE

SYRINGE PUMP DEVICE

Patent code P190015788
File No. S2017-0602-N0
Posted date Jan 23, 2019
Application number P2017-072214
Publication number P2018-173038A
Date of filing Mar 31, 2017
Date of publication of application Nov 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)榎木 光治
  • (In Japanese)宮田 一司
  • (In Japanese)秋澤 淳
  • (In Japanese)大川 富雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
Title SYRINGE PUMP DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a syringe pump device capable of continuously sending the flow of a fluid at a fixed rate regardless of high pressure or low pressure.
SOLUTION: A syringe pump device comprises: check valves 2a, 2b provided corresponding to a fluid pipe 1a in which one of bifurcated fluids flows and to a fluid pipe 1b in which the other fluid flows, and having one ends attached to fluid outlets of the fluid pipes 1a, 1b; a first syringe 3a connected to a fluid pipe 1c which is attached to the other end of the check valve 2a and having a piston 7a inserted therein; a second syringe 3b connected to a fluid pipe 1d which is attached to the other end of the check valve 2b, arranged on the axis of the first syringe and having a piston 7b inserted therein; a motor 4 rotating at a predetermined constant speed with a high torque; and a piston drive part 50 moving the pistons 7a, 7b by the rotation of the motor to cause the fluid to be sucked in one of the first syringe and the second syringe and cause the fluid to be discharged from the other syringe.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

シリンジ、即ち、注射器は、気体や液体によらず流体を一定の流量で流すことができる。しかし、シリンジへの流体の吸入と吐出との作業が必要であるため、連続して液体を送流することができない。

従来のこの種の技術として、例えば、特許文献1に記載されたポンプが知られている。このポンプは、1つのタンクにあるエンジン油で操作されて、同時にエンジン油を一方のシリンジ室に吸入し、他方のシリンジ室から吐出する。これにより、連続してエンジン油を送流することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、液体又は気体又はこれらを混合した流体を一定量で送流することができるシリンジポンプ装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2分岐された一方の流体が流入される第1流体管及び2分岐された他方の流体が流入される第2流体管に対応して設けられ、前記第1流体管及び第2流体管の流体出口に一端が取り付けられた第1逆止弁及び第2逆止弁と、
前記第1逆止弁の他端に取り付けられた第3流体管に連結され、第1ピストンが挿入された第1シリンジと、
前記第2逆止弁の他端に取り付けられた第4流体管に連結され、前記第1シリンジの軸上に配置され第2ピストンが挿入された第2シリンジと、
高トルクにより所定の一定速度で回転するモータと、
前記モータの回転により前記第1ピストンと前記第2ピストンとを移動させて前記第1シリンジと前記第2シリンジとの一方のシリンジへ前記流体を吸入させ且つ他方のシリンジから前記流体を吐出させるピストン駆動部と、
を備えることを特徴とするシリンジポンプ装置。

【請求項2】
 
前記ピストン駆動部は、前記モータの回転軸と前記第1ピストンと前記第2ピストンとを取り付けた支持部を備えることを特徴とする請求項1記載のシリンジポンプ装置。

【請求項3】
 
各シリンジのピストン位置を検出する位置検出部と、
前記位置検出部で検出されたピストン位置に基づき各シリンジ内の流体量を算出する流体量算出部と、
前記流体量算出部で算出された各シリンジ内の流体量が目標値に達したかどうかを判定する判定部とを備え、
前記ピストン駆動部は、前記判定部の判定出力に基づき、前記各シリンジ内の流体量が目標値に達するまで、前記一方のシリンジへ前記流体を吸入させ且つ前記他方のシリンジから前記流体を吐出させることを特徴とする請求項1又は請求項2記載のシリンジポンプ装置。

【請求項4】
 
前記各シリンジ内の流体量が前記目標値に達した場合には、前記モータを逆回転させる制御部を備え、
前記ピストン駆動部は、前記モータの逆回転により前記第1ピストンと前記第2ピストンとを移動させて前記他方のシリンジへ前記流体を吸入させ且つ前記一方のシリンジから前記流体を吐出させることを特徴とする請求項3記載のシリンジポンプ装置。

【請求項5】
 
前記第3流体管に連結され、第3ピストンが挿入された第3シリンジと、
前記第4流体管に連結され、前記第3シリンジの軸上に配置され第4ピストンが挿入された第4シリンジとを備え、
前記支持部に前記第3ピストンと前記第4ピストンとが取り付けられることを特徴とする請求項2記載のシリンジポンプ装置。

【請求項6】
 
前記流体は、第1流体であり、
2分岐された一方の第2流体が流入される第5流体管及び2分岐された他方の第2流体が流入される第6流体管に対応して設けられ、前記第5流体管及び第6流体管の流体出口に一端が取り付けられた第3逆止弁及び第4逆止弁と、
前記第3逆止弁の他端に取り付けられた第7流体管に連結され、第3ピストンが挿入された第3シリンジと、
前記第4逆止弁の他端に取り付けられた第8流体管に連結され、前記第3シリンジの軸上に配置され第4ピストンが挿入された第4シリンジと、
トルクが一定で且つ所定速度で回転する第2モータと、
前記第2モータの回転により前記第3ピストンと前記第4ピストンとを移動させて前記第3シリンジと前記第4シリンジとの一方のシリンジへ前記第2流体を吸入させ且つ他方のシリンジから前記第2流体を吐出させる第2ピストン駆動部と、
前記第3流体管及び前記第4流体管からの前記第1流体と前記第7流体管及び前記第8流体管からの前記第2流体とを混合する混合器と、
を備えることを特徴とする請求項1記載のシリンジポンプ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017072214thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close