Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)マイクロアレイ、マイクロアレイの製造方法、検査方法、及び検査キット

(In Japanese)マイクロアレイ、マイクロアレイの製造方法、検査方法、及び検査キット

Patent code P190015801
File No. (S2016-0331-N0)
Posted date Jan 24, 2019
Application number P2017-564199
Date of filing Jan 19, 2017
International application number JP2017001724
International publication number WO2017130829
Date of international filing Jan 19, 2017
Date of international publication Aug 3, 2017
Priority data
  • P2016-011762 (Jan 25, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)鉢村 和男
  • (In Japanese)長塩 亮
  • (In Japanese)佐藤 雄一
  • (In Japanese)大谷 慎一
  • (In Japanese)狩野 有作
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title (In Japanese)マイクロアレイ、マイクロアレイの製造方法、検査方法、及び検査キット
Abstract (In Japanese)本発明は、血液試料と複数種類の試薬赤血球とを同一反応相にて同時に反応させることができ、簡便且つ高感度に不規則性抗体の検出及び同定を可能とするマイクロアレイを提供する。本発明のマイクロアレイは、血液試料中の不規則性抗体を検出及び同定するためのマイクロアレイであって、基板上に細胞表面上に既知の抗原を提示する赤血球又は赤血球ゴーストのセットが規則的に固定化されたことを特徴とする。本発明の検査方法は、血液試料中の不規則性抗体を検査するための方法であって、前記マイクロアレイに、被験者から採取した血液試料を接触させ、第1の抗原抗体反応を行う工程と、前記マイクロアレイを洗浄し、標識された抗ヒト抗体を接触させ、第2の抗原抗体反応を行う工程と、前記標識された抗ヒト抗体を検出する工程と、を備える。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

輸血や出産時の母子免疫により産生される同種抗血球抗体(不規則性抗体)は、後の輸血や妊娠で重篤な副作用や流産等を惹起する可能性がある。そのため、現在、抗体スクリーニング法に臨床的に意義のある不規則性抗体のほとんどを検出できる間接抗グロブリン法(indirect antiglobulin test;IDAT)による検査を必須としている(例えば、非特許文献1参照。)。

不規則性抗体スクリーニングには、IDATの他に、生理食塩液法、酵素法、アルブミン法等を用いることができるが、検出できる抗体が限られているため、これらの方法はIDATと組み合わせて補助的に使用すべきであるとされている。

IDATには試験管法が日常検査として広く用いられている。また、多くの病院や検査センターでは、不規則性抗体スクリーニングのIDATにおいてカラム凝集法を採用している(例えば、非特許文献2参照。)。カラム凝集法では、検査の自動化も可能であり、結果の再現性が良好で、判定も客観的である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、本発明は、マイクロアレイ、マイクロアレイの製造方法、検査方法、及び検査キットに関する。に関する。
本願は、2016年1月25日に、日本に出願された特願2016-011762号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
血液試料中の不規則性抗体を検出及び同定するためのマイクロアレイであって、
基板上に細胞表面上に既知の抗原を提示する赤血球又は赤血球ゴーストのセットが規則的に固定化されたことを特徴とするマイクロアレイ。

【請求項2】
 
前記既知の抗原が、D、C、E、c、e、f、Cw、V、K、k、Kpa、Kpb、Jsa、Jsb、Fya、Fyb、Jka、Jkb、Xga、Lea、Leb、S、s、M、N、P1、Lua、Lub、Dia、Dibからなる群から選ばれる少なくとも1つである、請求項1に記載のマイクロアレイ。

【請求項3】
 
血液試料中の不規則性抗体を検出及び同定するためのマイクロアレイの製造方法であって、
基板上に細胞表面上に既知の抗原を提示する赤血球又は赤血球ゴーストを含む溶液のセットを、予め定められた位置に個別に滴下し、乾燥する工程を備えることを特徴とするマイクロアレイの製造方法。

【請求項4】
 
血液試料中の不規則性抗体を検査するための方法であって、
請求項1又は2に記載のマイクロアレイに、被験者から採取した血液試料を接触させ、第1の抗原抗体反応を行う工程と、
前記マイクロアレイを洗浄し、標識された抗ヒト抗体を接触させ、第2の抗原抗体反応を行う工程と、
前記標識された抗ヒト抗体を検出する工程と、
を備えることを特徴とする検査方法。

【請求項5】
 
前記血液試料が、血液、血清、又は血漿である、請求項4に記載の検査方法。

【請求項6】
 
血液試料中の不規則性抗体を検査するためのキットであって、
請求項1又は2に記載のマイクロアレイと、
標識された抗ヒト抗体と、
を備えることを特徴とする検査キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close