Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ソルガム改良植物

(In Japanese)ソルガム改良植物 commons

Patent code P190015815
File No. (NU-639)
Posted date Jan 24, 2019
Application number P2017-562802
Date of filing Jan 16, 2017
International application number JP2017001175
International publication number WO2017126458
Date of international filing Jan 16, 2017
Date of international publication Jul 27, 2017
Priority data
  • P2016-008121 (Jan 19, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)佐塚 隆志
  • (In Japanese)春日 重光
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title (In Japanese)ソルガム改良植物 commons
Abstract (In Japanese)より高バイオマスであり、且つ糖原料の含有割合がより高い(高糖含量)ソルガム品種を提供すること。
ソルガム品種74LH3213の改良植物であって、6番染色体DNAの一部又は全部が、ソルガム品種SIL-05由来の高糖性遺伝子座qBRX-6を含むDNA領域に置換されている74LH3213改良植物、並びに該74LH3213改良植物とソルガム品種MS79Aとを交配して得られた天高改良植物。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

「持続可能な開発」という理念の下、バイオリファイナリー技術の開発が進められている。バイオリファイナリー技術とは、生物資源を原料に、バイオ燃料や樹脂等を製造する技術である。バイオリファイナリー技術の具体例としては、草本系又は木質系植物体を原料としてグルコースやスクロース等の糖原料を得て、該糖原料からバイオエタノール等のバイオ燃料; 汎用プラスチック、エンジニアリングプラスチック、セルロース材料、複合材料等の各種樹脂; 医薬品中間体; 食品添加物等を製造する技術が知られている。これらの技術は、バイオマスから糖原料を得ることを根幹としており、この効率を高めることが重要な課題となっている。

サトウキビは、高バイオマスであり、また簡便な処理(例えば搾汁)により糖原料を得ることができるので、上記バイオリファイナリー技術の原料として有用であるとされている。しかし、サトウキビは食用の砂糖の原料でもあるので、バイオリファイナリー技術の利用が拡大するにつれて、食用の砂糖の価格が高騰するという問題が生じている。このため、サトウキビに代わる、バイオリファイナリー技術の原料を開発することが極めて重要である。

ソルガム(Sorghum bicolor)は、品種によってはサトウキビのように高バイオマスのものがある。例えば天高という品種は平均稈長が約3.5 mもあり、これはサトウキビに匹敵するレベルである。しかし、天高は糖原料の含有割合が高くはなく、このため天高からは糖原料を高効率で得ることが期待できない。一方、SIL-05という品種は糖原料の含有割合が高いものの、低バイオマスである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ソルガム改良植物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ソルガム品種74LH3213の改良植物であって、
6番染色体DNAの一部又は全部が、ソルガム品種SIL-05由来の高糖性遺伝子座qBRX-6を含むDNA領域に置換されている、
74LH3213改良植物。

【請求項2】
 
前記DNA領域が、下記(A)DNAマーカーSB3412から(J)DNAマーカーSB3762までのDNA領域である、請求項1に記載の74LH3213改良植物:
(A)DNAマーカーSB3412から、
(J)DNAマーカーSB3762まで。

【請求項3】
 
前記置換を対の6番染色体の両方に有する、請求項1又は2に記載の74LH3213改良植物。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の74LH3213改良植物の種子。

【請求項5】
 
工程(ア)~(エ)を含む、請求項1~3のいずれかに記載の74LH3213改良植物を製造する方法:
(ア)ソルガム品種74LH3213とソルガム品種SIL-05とを交配してF1個体を得る工程、
(イ)該F1個体をソルガム品種74LH3213に戻し交配してBC1F1個体(BCはバッククロスの意、BC1は戻し交配の回数が1であることを示す)を得る工程、
(ウ)必要に応じて、戻し交配を複数回繰り返す工程、及び
(エ)工程(ア)~(ウ)からなる群より選択される少なくとも1つの工程で得られた個体において、6番染色体DNAの一部又は全部がソルガム品種SIL-05由来の高糖性遺伝子座qBRX-6を含むDNA領域に置換されていることを確認する工程。

【請求項6】
 
ソルガム品種天高の改良植物であって、
請求項1~3のいずれかに記載の74LH3213改良植物とソルガム品種MS79とを交配して得られ、且つ
74LH3213改良植物由来の6番染色体DNAの一部又は全部が、ソルガム品種SIL-05由来の高糖性遺伝子座qBRX-6を含むDNA領域に置換されている、
天高改良植物。

【請求項7】
 
前記DNA領域が、下記(A)DNAマーカーSB3412から(J)DNAマーカーSB3762までのDNA領域である、請求項6に記載の天高改良植物:
(A)DNAマーカーSB3412から、
(J)DNAマーカーSB3762まで。

【請求項8】
 
請求項6又は7に記載の天高改良植物の種子。

【請求項9】
 
請求項1~3のいずれかに記載の74LH3213改良植物とソルガム品種MS79とを交配することを含む、請求項6~8のいずれかに記載の天高改良植物を製造する方法。

【請求項10】
 
以下の(a)~(j)からなる群より選択される少なくとも1種のDNAマーカー増幅用プライマーセットを含む、ソルガム品種SIL‐05のゲノムDNAとソルガム品種74LH3213のゲノムDNAとを区別するためのキット:
(a)DNAマーカーSB3412増幅用プライマーセット、
(b)DNAマーカーSB3420増幅用プライマーセット、
(c)DNAマーカー38139115_EcoRI増幅用プライマーセット、
(d)DNAマーカー40436197_XhoI増幅用プライマーセット、
(e)DNAマーカー40470717_BamHI増幅用プライマーセット、
(f)DNAマーカーSB3517増幅用プライマーセット、
(g)DNAマーカーSB3613増幅用プライマーセット、
(h)DNAマーカーSB3621増幅用プライマーセット、
(i)DNAマーカーSB3683増幅用プライマーセット、並びに
(j)DNAマーカーSB3762増幅用プライマーセット。

【請求項11】
 
前記(c)~(e)からなる群より選択される少なくとも1種のDNAマーカー増幅用プライマーセットを含む、請求項10に記載のキット。

【請求項12】
 
請求項10又は11に記載のキットを用いることを特徴とする、ソルガム品種SIL‐05のゲノムDNAとソルガム品種74LH3213のゲノムDNAとを区別する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close