TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > 重金属含有酸性廃水の処理システム

重金属含有酸性廃水の処理システム

国内特許コード P190015830
整理番号 B000066
掲載日 2019年1月31日
出願番号 特願2010-263761
公開番号 特開2012-110865
登録番号 特許第5756282号
出願日 平成22年11月26日(2010.11.26)
公開日 平成24年6月14日(2012.6.14)
登録日 平成27年6月5日(2015.6.5)
発明者
  • 松嶋 英治
  • 山口 正一
出願人
  • DOWAテクノエンジ株式会社
  • 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
発明の名称 重金属含有酸性廃水の処理システム
発明の概要 【課題】鉄を主体とする重金属含有の酸性廃水を処理するにあたり、不可避に発生する鉄殿物の除去等の維持管理が容易で、ライフサイクルの長いパッシブトリートメント式の廃水処理システムを提供する。
【解決手段】ろ材の充填部を有し、散水した廃水が前記充填部を通過する際に前記廃水に含まれる第一鉄イオンを第二鉄イオンに酸化する散水ろ床と、この散水ろ床から流下する第二鉄イオンを含む一次処理水を一定時間滞留することにより、前記第二鉄イオンを殿物化すると共に当該殿物を沈殿し、上澄みを二次処理水として流出可能とした沈殿槽と、予め塊状の石灰石を沈設して前記二次処理水を中和すると共に、上縁を中和後の三次処理水の流出部とした堰を設けた石灰水路と、一定水深の生態区画を有し、前記石灰水路の流出部直下に前記生態区画よりも池底面が低い殿物沈積区画を前記生態区画と連続して設けた好気性人工湿地とを、順次備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

鉄などの重金属を含有した酸性の廃水(以下、単に「廃水」ということがある。)を処理する際、タンクや攪拌機、ポンプといった電気機械設備と、中和剤や凝集剤、共沈剤といった化学薬品とを用いた従来一般的な能動的処理(アクティブトリートメント)は、高度な浄水能力によって水質の厳密管理が可能であるものの、処理施設の管理費や運転費、薬剤費が嵩むといった経済的な問題がある他、そもそも、商用電線の整備がない、または不十分な僻地等には導入ができないという技術的な問題もある。このため、アクティブトリートメントは、電源確保が確実な、主として工場の排水処理に適用されている。

これに対して、特許文献1に開示されるような生物(植物、微生物等)の生態特性や、地化学反応といった自然界が有する浄化能力を活用した受動的処理(パッシブトリートメント)は、その運転に電力を要しないため、上記電気機械設備にかかるランニングコストを削減できると共に、山間僻地や豪雪地帯といった電線未整備の地域にも導入することができる。

産業上の利用分野

本発明は、鉄を主体とする重金属を含有した酸性の廃水を自然界が有する浄化能力を活用して処理するシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
散水した廃水が通過する隙間をおいて充填される粒径からなるろ材の充填部を有し、充填部を通過する際に前記廃水に含まれる第一鉄イオンを第二鉄イオンに酸化する散水ろ床と、この散水ろ床から流下する第二鉄イオンを含む一次処理水を一定時間滞留することにより、前記第二鉄イオンを殿物化すると共に当該殿物を浚渫可能に沈殿し、上澄みを二次処理水として流出可能とした沈殿槽と、平坦な路底に予め塊状の石灰石を沈設して前記二次処理水を中和すると共に、上縁を中和後の三次処理水の流出部とし、且つ、水路の底側が開門可能に引き揚げられて水路中の殿物を処理水と共に排出可能な可動堰を設けた石灰水路と、一定水深の生態区画を有し、前記石灰水路の流出部直下に前記生態区画よりも池底面が低く、前記石灰水路から排出された前記殿物を浚渫可能に沈積する殿物沈積区画を前記生態区画と連続して設けた好気性人工湿地とを、順次備えたことを特徴とする重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項2】
散水ろ床のろ材の全部または一部は塊状の石灰石である請求項1記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項3】
散水ろ床は複数の充填部を上下に段設してなる請求項1または2記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項4】
複数の散水ろ床を並列に設けて、沈殿槽に対する一次処理水の流下系統を複数備えた請求項1、2または3記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項5】
石灰水路の途中に、下縁を路底から離間すると共に、上縁を水面から突出した仕切り板を設けた請求項1からのうち何れか一項記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項6】
複数の石灰水路を好気性人工湿地に向かって下るように階段状に設けた請求項1からのうち何れか一項記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。

【請求項7】
複数の石灰水路を並列に設けて、好気性人工湿地に対する三次処理水の流出系統を複数備えた請求項1からのうち何れか一項記載の重金属含有酸性廃水の処理システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010263761thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close