Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CLARIFYING WATER TO BE TREATED

METHOD FOR CLARIFYING WATER TO BE TREATED

Patent code P190015831
File No. B000095
Posted date Jan 31, 2019
Application number P2016-117355
Publication number P2017-221873A
Patent number P6412062
Date of filing Jun 13, 2016
Date of publication of application Dec 21, 2017
Date of registration Oct 5, 2018
Inventor
  • (In Japanese)濱井 昂弥
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
Title METHOD FOR CLARIFYING WATER TO BE TREATED
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for clarifying water to be treated which enables metal ions to be removed from a water to be treated while allowing the water to be treated to flow continuously, and enables the amount of organic substance contained in the treated water to be suppressed.
SOLUTION: The method for clarifying water to be treated is provided in which water to be treated containing metal ions and sulfate ions is allowed to flow through a first treatment bed including material containing an organic substance including protein and a second treatment bed including a biological treatment material containing sulfate reducing bacteria and grain husks in this order to remove the metal ions from the water to be treated. The method for clarifying water to be treated includes a step of growing sulfate reducing bacteria in the second treatment bed while allowing the water to be treated to flow through the first treatment bed and the second treatment bed in this order.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

金属鉱山の坑廃水や工業用廃水等は、多くの場合、金属イオンを含有する。人体や環境への影響の配慮から、これらの水の金属イオンを除去する処理技術が求められている。特に、微生物の作用を用いて生物学的に水の金属イオンを除去する技術は、薬品の添加等によって化学的に水の金属イオンを除去する技術に比すると、設備及び稼働のためのコストを抑えることができるため注目されている。

従来知られている被処理水の浄化の技術として、例えば特許文献1には、重金属イオンおよび硫酸イオンを含有する被処理水から重金属イオンを硫化物として除去するための生物学的浄化剤が開示されている。この生物学的浄化剤は、硫酸還元菌を保有する穀物殻を含有し、硫酸還元菌により前記硫酸イオンを還元して硫化水素イオンを生成し、この硫化水素イオンと前記重金属イオンとを反応させて、前記金属イオンの硫化物を析出させるものである。

特許文献2には、硫酸還元菌を保有する穀物殻と、粗タンパク質が含まれる有機物含有材料とを含有する生物学的浄化剤が開示されている。この生物学的浄化剤は、カラム内にモミガラ等を含む穀物殻、ついで米ぬか等を含む有機物含有材料を充填し、カラムの有機物含有材料から穀物殻側へと被処理水を通流させるものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、被処理水から金属イオンを除去する被処理水の被処理水の浄化方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
タンパク質を含む有機物含有材料を有する第1処理床と、硫酸還元菌及び穀物殻を含む生物処理材料を有する第2処理床との順に、金属イオン及び硫酸イオンを含有する被処理水を通流させて、前記被処理水から前記金属イオンを除去する被処理水の浄化方法において、
前記第1処理床と前記第2処理床との順に前記被処理水を、前記第2処理床における前記被処理水の流量Qw(L/hr)と前記第2処理床の断面積S(m2)とで表される値Qw/Sが0.122~18.4L/hr/m2となるような通流速度で通流させて前記第2処理床における硫酸還元菌を増殖させる増殖工程を有し、
前記増殖工程は、前記第2処理床を通流した処理済水のORP値を測定し、該ORP値が0mVを下回るまで行う、被処理水の浄化方法。

【請求項2】
 
前記第1処理床を前記第2処理床に載置し、前記第1処理床を前記第2処理床の表面を覆って設け、
前記被処理水を前記第1処理床、ついで前記第2処理床に通流させる、請求項1記載の被処理水の浄化方法。

【請求項3】
 
前記増殖工程についで、前記第1処理床と前記第2処理床との順に前記被処理水を通流させつつ、前記第2処理床における前記硫酸還元菌の菌数をモニタし、前記菌数に応じて温度若しくは流速を調整し又は硫酸還元菌を追加して前記第2処理床における硫酸還元菌の菌数を維持しつつ前記被処理水から前記金属イオンを除去する維持工程をさらに有する、請求項1又は2に記載の被処理水の浄化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016117355thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close