Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)網膜神経保護作用を有するアぺリン受容体アゴニストを含有する医薬組成物

(In Japanese)網膜神経保護作用を有するアぺリン受容体アゴニストを含有する医薬組成物 (Patent unpublished to the public) meetings

Patent code P190015842
File No. 2018-8
Posted date Feb 12, 2019
Application number P2018-192861
Date of filing Oct 11, 2018
Inventor
  • (In Japanese)石丸 侑希
  • (In Japanese)前田 定秋
  • (In Japanese)吉岡 靖啓
Applicant
  • Josho Gakuen Educational Foundation
Title (In Japanese)網膜神経保護作用を有するアぺリン受容体アゴニストを含有する医薬組成物 (Patent unpublished to the public) meetings
Abstract (In Japanese)糖尿病網膜症では、網膜神経細胞死が起き、重度の視機能低下に到るが、既存薬では網膜神経細胞死を抑制することができない。本発明では、侵襲性の高い眼内投与ではなく、より侵襲性の低い抹消投与で糖尿病網膜症において害される網膜神経細胞を保護することができるアぺリン受容体アゴニストを提供する。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close