Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ペプチド

(In Japanese)ペプチド

Patent code P190015852
File No. 5310
Posted date Feb 22, 2019
Application number P2018-503338
Date of filing Feb 28, 2017
International application number JP2017007870
International publication number WO2017150548
Date of international filing Feb 28, 2017
Date of international publication Sep 8, 2017
Priority data
  • P2016-036599 (Feb 29, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)大日向 耕作
  • (In Japanese)中戸 絢也
  • (In Japanese)青木 隼人
  • (In Japanese)岩倉 浩
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title (In Japanese)ペプチド
Abstract (In Japanese)N末端にアミノ酸配列NKNPFLFGSNR(配列番号1)を有するペプチド。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

グレリンは、食欲促進作用と成長ホルモン分泌促進作用を有する消化管ホルモンである。超高齢化社会を迎える我が国では、加齢に伴う食欲不振や成長ホルモン分泌減少の改善に寄与する、グレリン分泌促進物質の開発が望まれている。

特許文献1には、グレリン受容体を活性化する低分子ペプチドが記載されている。特許文献2には、大豆タンパク質由来の成長ホルモン分泌促進組成物が記載されている。しかしながら、グレリンの分泌を促進する食品由来のペプチドは知られていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規なペプチドに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
N末端にアミノ酸配列NKNPFLFGSNR(配列番号1)を有するペプチド。

【請求項2】
 
大豆のベータコングリシニンタンパク質のトリプシン消化物に由来する、請求項1に記
載のペプチド。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載のペプチドを有効成分とする医薬組成物。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載のペプチドを有効成分とするグレリン分泌促進剤。

【請求項5】
 
請求項1または2に記載のペプチドを含有する食品。

【請求項6】
 
請求項1または2に記載のペプチドを添加することを特徴とする食品。

【請求項7】
 
食欲促進及び/または成長ホルモンの分泌促進のための、請求項5または6に記載の食
品。

【請求項8】
 
請求項1または2に記載のペプチドを必要とする患者または予備群に投与する工程を含
む、食欲を促進及び/または成長ホルモンの分泌を促進する方法。

【請求項9】
 
食欲を促進及び/または成長ホルモンの分泌を促進するための、請求項1または2に記
載のペプチド。

【請求項10】
 
食欲を促進及び/または成長ホルモンの分泌を促進するための医薬または食品を製造するための、請求項1または2に記載のペプチドの使用。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018503338thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close