Top > Search of Japanese Patents > OSCILLATION POWER GENERATION ELEMENT

OSCILLATION POWER GENERATION ELEMENT

Patent code P190015871
File No. S2017-0703-N0
Posted date Feb 25, 2019
Application number P2017-094389
Publication number P2018-191481A
Date of filing May 11, 2017
Date of publication of application Nov 29, 2018
Inventor
  • (In Japanese)高橋 智一
  • (In Japanese)西谷 大希
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title OSCILLATION POWER GENERATION ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an oscillation power generation element capable of improving a power generation amount.
SOLUTION: An oscillation power generation element comprises: a first electrode (11) which is supported by a cantilever structure that one end (E1) is fixed to a stator part (17), and the other end (E2) is a free end; a second electrode (14) that is opposite to the first electrode, and is supported by the cantilever structure that the one end (E3) is fixed to the stator part (17), and the other end (E4) is a free end; an electret (12) arranged between the first electrode and the second electrode; an insulation layer (13) arranged between the first electrode and the second electrode; and a stopper (16) that peels off the second electrode contacted to the first electrode through the electret and the insulation layer from the first electrode by regulating a movement of the first electrode oriented to the second electrode side.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、振動エネルギーを利用して発電を行う振動発電素子が開発されている(例えば、非特許文献1参照。)。

非特許文献1では、誘電体が設けられた板状の上部電極と、エレクトレットが設けられた板状の下部電極とを上下方向に振動させて発電を行う振動発電素子が開示されている。非特許文献1の振動発電素子においては、上部電極と下部電極とが誘電体とエレクトレットを介して面接触と剥離とを繰り返すことによって発電を行っている。

また、振動エネルギーを利用して発電を行う技術としては、例えば、特許文献1及び特許文献2などを挙げることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、エレクトレットを用いた振動発電素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一端を固定部に固定し、他端を自由端とする片持ち構造で支持された第1電極と、
前記第1電極に対向すると共に、一端を前記固定部に固定し、他端を自由端とする片持ち構造で支持された第2電極と、
前記第1電極と前記第2電極との間に配置されるエレクトレットと、
前記第1電極と前記第2電極との間に配置される絶縁層と、
前記第2電極側に向かう前記第1電極の動きを規制することによって、前記エレクトレットと前記絶縁層とを介して前記第1電極に接触している前記第2電極を、前記第1電極から剥離するストッパと、
を備える、振動発電素子。

【請求項2】
 
前記ストッパは、前記第2電極の前記他端を始点にして前記第1電極から前記第2電極を剥離する、請求項1に記載の振動発電素子。

【請求項3】
 
前記エレクトレットは、前記第1電極と前記第2電極とのうちいずれか一方に接触している、請求項1又は2に記載の振動発電素子。

【請求項4】
 
前記ストッパは、前記第1電極と前記第2電極が対向する方向における前記第2電極の前記他端の可動範囲より内側に配置される、請求項1~3のいずれか一項に記載の振動発電素子。

【請求項5】
 
前記第1電極と対向する側の前記第2電極の面の面積は、前記第2電極と対向する側の前記第1電極の面の面積よりも小さい、請求項1~4のいずれか一項に記載の振動発電素子。

【請求項6】
 
前記ストッパは、前記第1電極と前記第2電極が対向する方向から見て、前記第2電極に重ならず、前記第1電極と重なる位置に配置される、請求項5に記載の振動発電素子。

【請求項7】
 
前記ストッパは、前記第1電極の一端から他端に向かって延びる方向に沿って配置される、請求項1~6のいずれか一項に記載の振動発電素子。

【請求項8】
 
更に、
前記第2電極に設けられたおもりを備える、請求項1~7のいずれか一項に記載の振動発電素子。

【請求項9】
 
前記おもりは、前記第2電極の前記他端に設けられる、請求項8に記載の振動発電素子。

【請求項10】
 
前記第2電極は、一端で接続されると共に、他端を自由端とする片持ち構造で支持された複数の電極部を有する、請求項1~9のいずれか一項に記載の振動発電素子。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017094389thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close