Top > Search of Japanese Patents > SELENOPROTEIN P EXPRESSION INHIBITOR AND USE THEREOF

SELENOPROTEIN P EXPRESSION INHIBITOR AND USE THEREOF

Patent code P190015888
File No. (S2017-0813-N0)
Posted date Feb 25, 2019
Application number P2018-118975
Publication number P2019-006773A
Date of filing Jun 22, 2018
Date of publication of application Jan 17, 2019
Priority data
  • P2017-123077 (Jun 23, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)斎藤 芳郎
  • (In Japanese)三田 雄一郎
  • (In Japanese)野口 範子
  • (In Japanese)内田 理沙
  • (In Japanese)安原 小百合
  • (In Japanese)横大路 将
  • (In Japanese)白川 静乃
Applicant
  • (In Japanese)学校法人同志社
Title SELENOPROTEIN P EXPRESSION INHIBITOR AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel selenoprotein P expression inhibitor containing a component that inhibits the expression of selenoprotein P, particularly a component derived from natural plants; provide a preventive and/or therapeutic for pulmonary arterial hypertension or vascular complication, the diseases associated with a rise in the expression of selenoprotein P; and provide a food and drink composition used for improving symptoms of the diseases or a food and drink composition for preventing movement resistance.
SOLUTION: A selenoprotein P expression inhibitor contains a compound for promoting the expression of CCDC gene as an active ingredient. The compound is at least one selected from the group consisting of a catechin compound, a curcumin compound and hydrogen peroxide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

セレノプロテインPは、種々の疾患に関与することが知られている。例えば、肺動脈性肺高血圧症又は血管合併症の患者の体内には、セレノプロテインPの著量が蓄積していることが知られている。また、過剰なセレノプロテインPは血管内皮増殖因子(VEGF)による血管新生を抑制することも知られている(非特許文献1又は2)。また、セレノプロテインPの発現量が上昇することによって、運動による代謝が抑制される(これを「運動抵抗性」と呼ぶことがある。)という報告もされている(非特許文献3)。

3-オキシフラバンのポリオキシ誘導体の総称であるカテキン化合物は、茶等の天然に存在する成分であり、ヒトの健康の維持に有用な抗酸化作用を始めとする多数の作用を発揮することが報告されている。具体的には、抗ピロリ菌作用、LDLコレステロール若しくは中性脂肪の上昇を抑制する作用又は脂肪蓄積を防止する作用等である。また、ジフェニルヘプタノイド骨格を有するポリフェノール誘導体の総称であるクルクミン化合物は、例えばカレーのスパイスとして用いられるウコン等の天然に存在する成分であり、こちらも人の健康の維持に有用な抗酸化作用等を発揮することが報告されている。

このような食経験のある天然由来の植物に含まれる成分は、一般的に安全とされ、上記のような特定の効果を発揮する医薬品又は飲食品等の有効成分として用いることができる点で着目を浴びている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、セレノプロテインPの発現抑制剤に関する。また、本発明は肺動脈性肺高血圧症又は血管合併症の治療剤に関する。そして、本発明は肺動脈性肺高血圧症若しくは血管合併症の上昇を改善するために又は運動抵抗性を防止するために用いられる飲食品組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CCDC遺伝子の発現を促す化合物を有効成分とする、セレノプロテインPの発現抑制剤。

【請求項2】
 
前記CCDC遺伝子の発現を促す化合物が、カテキン化合物、クルクミン化合物及び過酸化水素からなる群より選択される少なくとも一種である、請求項1に記載の発現抑制剤。

【請求項3】
 
前記カテキン化合物が、カテキン、エピカテキン、ガロカテキン、エピガロカテキン、カテキンガレート、エピカテキンガレート、ガロカテキンガレート、及びエピガロカテキンガレートからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項2に記載するセレノプロテインPの発現抑制剤。

【請求項4】
 
前記クルクミン化合物が、クルクミン、デメトキシクルクミン及びビスデメトキシクルクミンからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項2に記載するセレノプロテインPの発現抑制剤。

【請求項5】
 
前記クルクミン化合物が、クルクミンである、請求項4に記載するセレノプロテインPの発現抑制剤。

【請求項6】
 
CCDC遺伝子の発現を促す化合物を有効成分とする、肺動脈性肺高血圧症又は血管合併症の予防及び/又は治療剤。

【請求項7】
 
CCDC遺伝子の発現を促す化合物を有効成分とする、肺動脈性肺高血圧症若しくは血管合併症の症状を改善するために又は運動抵抗性を防止するために用いられる飲食品組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close