Top > Search of Japanese Patents > SOLID SOLUTION TYPE ALLOY FINE PARTICLES, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

SOLID SOLUTION TYPE ALLOY FINE PARTICLES, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

Patent code P190015899
File No. AF11P019-1
Posted date Mar 8, 2019
Application number P2014-192952
Publication number P2015-034347A
Patent number P5774756
Date of filing Sep 22, 2014
Date of publication of application Feb 19, 2015
Date of registration Jul 10, 2015
Priority data
  • P2009-106171 (Apr 24, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)草田 康平
  • (In Japanese)牧浦 理恵
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title SOLID SOLUTION TYPE ALLOY FINE PARTICLES, AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide new solid solution-type alloy fine particles.
SOLUTION: Alloy fine particles of the present invention are solid solution type alloy fine particles in which a plurality of metal elements are mixed at an atomic level. A manufacturing method of the present invention is a manufacturing method of alloy fine particles that consist of a plurality of metal elements. The manufacturing method includes: (i) a step of preparing solution containing ions of a plurality of metal elements and liquid containing reducing agent; and (ii) a step of mixing the solution with the liquid which is heated. The plurality of metal elements are silver and rhodium, or gold and rhodium, for example.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

合金は、それを構成する金属元素単体とは異なる性質を示すため、新規な合金を作製することによって従来の金属では得られなかった特性(たとえば触媒特性)が期待できる。一方、金属微粒子は、比表面積が大きい、バルクとは異なる性質・構造を示す場合がある、といった理由から、様々な応用が期待される。これらの理由から、様々な合金微粒子が従来から研究されてきた。たとえば、銀とロジウムとを含む合金粒子の製造方法が開示されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、固溶体型合金微粒子およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の金属元素が混合されている、固溶体型の合金微粒子であって、
前記複数の金属元素が、銀とロジウム、または、金とロジウムであり、
単一の格子定数を有する面心立方構造からなる結晶構造を有し、
前記複数の金属元素が銀とロジウムである場合には、前記格子定数の値が銀の格子定数とロジウムの格子定数との間にあり、
前記複数の金属元素が金とロジウムである場合には、前記格子定数の値が金の格子定数とロジウムの格子定数との間にある、合金微粒子

【請求項2】
 
前記複数の金属元素が、銀とロジウムである、請求項1に記載の合金微粒子。

【請求項3】
 
前記複数の金属元素が、金とロジウムである、請求項1に記載の合金微粒子。

【請求項4】
 
平均粒径が20nm以下である、請求項1に記載の合金微粒子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014192952thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close