Top > Search of Japanese Patents > RUTHENIUM FINE PARTICLE HAVING PRACTICALLY FACE-CENTERED CUBIC STRUCTURE AND PRODUCTION METHOD THEREOF

RUTHENIUM FINE PARTICLE HAVING PRACTICALLY FACE-CENTERED CUBIC STRUCTURE AND PRODUCTION METHOD THEREOF

Patent code P190015902
File No. AF11-06JP2
Posted date Mar 8, 2019
Application number P2014-120166
Publication number P2014-240523A
Patent number P5715726
Date of filing Jun 11, 2014
Date of publication of application Dec 25, 2014
Date of registration Mar 20, 2015
Priority data
  • P2011-202735 (Sep 16, 2011) JP
Inventor
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)草田 康平
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title RUTHENIUM FINE PARTICLE HAVING PRACTICALLY FACE-CENTERED CUBIC STRUCTURE AND PRODUCTION METHOD THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a ruthenium fine particle which is used as an oxidation catalyst for carbon monoxide and has practically a face-centered cubic structure.
SOLUTION: In a method of producing a ruthenium fine particle having practically a face-centered cubic structure, a colloidal solution of the ruthenium fine particle is obtained through (a) a step of preparing a first organic solution 11 containing polyvinylpyrrolidone and triethylene glycol and a second organic solution 12 containing ruthenium(III) acetylacetonate and (b) a step of spraying the second organic solution 12 on the first organic solution 11 heated to a temperature of 200-220°C. The production method also includes (i) a step of holding a solution containing the ruthenium(III) acetylacetonate obtained in the step (b), polyvinylpyrrolidone and triethylene glycol at 180-220°C for 1 min to 6 h. A group of ruthenium having fine particles having practically a face-centered cubic structure obtained by the production method are also provided. The ruthenium fine particles show an X-ray diffraction pattern of a face-centered cubic structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、溶液中で金属化合物を還元して金属微粒子を製造する方法が提案されている。そして、ルテニウムの微粒子を製造する方法も提案されている(非特許文献1)。

非特許文献1では、粒径が2.1~6.0nmのルテニウム微粒子が製造されている。非特許文献1では、還元剤を兼ねる溶媒として、エチレングリコールまたは1,4-ブタンジオールが用いられている。2.1~3.1nmの微粒子は、エチレングリコールまたは1,4-ブタンジオールを用いた1段階の還元工程で調製されている。一方、3.8~6.0nmの微粒子は、3.1nmのルテニウム微粒子を核とした2段階の工程で調製されている。その3.8~6.0nmの微粒子は、1,4-ブタンジオールを用いて調製されている。非特許文献1には、ルテニウム微粒子の粒径が小さいときにはhcp構造(六方最密充填構造)をとり、粒径が大きくなるとfcc構造(面心立方構造)とhcp構造との混合相となることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、実質的に面心立方構造を有するルテニウム微粒子およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ルテニウム(III)アセチルアセトナートとポリビニルピロリドンとトリエチレングリコールとを含む溶液を180℃以上の温度に保持する工程(i)を含む製造方法により得られた、実質的に面心立方構造を有するルテニウム微粒子群。

【請求項2】
 
請求項1に記載のルテニウム微粒子群を用いた一酸化炭素の酸化触媒。

【請求項3】
 
実質的に面心立方構造を有するルテニウム微粒子群の製造方法であって、
ルテニウム(III)アセチルアセトナートとポリビニルピロリドンとトリエチレングリコールとを含む溶液を180℃以上の温度に保持する工程(i)を含む、製造方法。

【請求項4】
 
前記(i)の工程において、前記溶液を180℃~220℃の範囲の温度に保持する、請求項3に記載の製造方法。

【請求項5】
 
前記工程(i)が、
(a)ポリビニルピロリドンとトリエチレングリコールとを含む第1の有機溶液と、ルテニウム(III)アセチルアセトナートを含む第2の有機溶液とを準備する工程と、
(b)200℃~220℃の範囲の温度に加熱した前記第1の有機溶液に、前記第2の有機溶液を噴霧する工程とを含む、請求項3に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014120166thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close