Top > Search of Japanese Patents > HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM, HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT COMPONENT, AND PRODUCTION METHOD OF HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM

HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM, HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT COMPONENT, AND PRODUCTION METHOD OF HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM

Patent code P190015906
File No. S2017-0797-N0
Posted date Mar 22, 2019
Application number P2017-143689
Publication number P2019-026862A
Date of filing Jul 25, 2017
Date of publication of application Feb 21, 2019
Inventor
  • (In Japanese)上野 俊吉
  • (In Japanese)菅野 直登
  • (In Japanese)中村 康介
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM, HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT COMPONENT, AND PRODUCTION METHOD OF HEAT-RESISTANT CORROSION-RESISTANT FILM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat-resistant corrosion-resistant film excellent in corrosion resistance even under a high-temperature environment; and to provide a production method thereof.
SOLUTION: In a heat-resistant corrosion-resistant film in one embodiment, which is a heat-resistant corrosion-resistant film having heat-resistance and corrosion-resistance and coated on a substrate, the film has a eutectic crystal containing ZrO2 or HfO2, and on the surface viewing the film from a face on the opposite side to the substrate, a lamella width in a lamellar structure by the eutectic crystal is 1 μm or less.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高温ガスタービン、自動車エンジン用部材、航空機用耐熱部材等は、非常に高温かつ水蒸気の存在する環境下で使用される。そのため、耐熱性及び耐食性に優れた部材が求められている。

例えば、特許文献1には、超合金基材上に、MCrAlX(MはNi、Co、Feから選択される1種以上の元素、XはY、Hf、Ta、Cs、Ce、La、Th、W、Si、Pt、Ybから選択される1種以上の元素)とAl合金溶射皮膜とを被覆した部材が記載されている。

しかしながら、特許文献1に記載の部材は超合金基材自体の耐熱性が1350℃前後であり、MCrAlXで表記される中間層の耐酸化性も800℃前後である。そのため、耐熱性及び耐食性が充分とは言えなかった。

そこで、窒化ケイ素セラミック構造体の表面にY、Yb、Er及びDy等の希土類シリケート皮膜を成膜した部材が検討されている(例えば、特許文献2~4)。しかしながら、希土類シリケート皮膜は多結晶構造であり、粒界に粒界ガラス相を有する。粒界ガラス相は、1500度を超える条件になると選択的に腐食され、多孔質化する。そのため、これらの部材も十分な耐熱性を有するとは言えなかった。

一方で、本発明者らは、これらの部材とは別の系として、粒界ガラス相を内在しない複数の金属酸化物の共晶構造体を皮膜として備えた部材を開発した(特許文献5)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、耐熱耐食皮膜、耐熱耐食部材及び耐熱耐食皮膜の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基材上に被覆される耐熱性及び耐腐食性を有する耐熱耐食皮膜であって、
ZrO2又はHfO2を含む共晶を有する共晶構造層を備え、
前記共晶構造層を前記基材と反対側の面から見た表面において、前記共晶構造層を構成する共晶のラメラ構造のラメラ幅が1μm以下である、耐熱耐食皮膜。

【請求項2】
 
前記共晶構造層が、カルシアで安定化されたジルコニア又はハフニアを含む、請求項1に記載の耐熱耐食皮膜。

【請求項3】
 
前記表面におけるラメラ構造の形状が不定形である、請求項1又は2のいずれかに記載の耐熱耐食皮膜。

【請求項4】
 
前記基材側の一面に、前記基材の酸化を防止する中間層をさらに備える、請求項1~3のいずれか一項に記載の耐熱耐食皮膜。

【請求項5】
 
前記基材と反対側の面に、前記共晶構造層を構成する元素を含むポーラス酸化物を含む遮熱層をさらに備える、請求項1~4のいずれか一項に記載の耐熱耐食皮膜。

【請求項6】
 
基材と、前記基材の外表面を被覆する請求項1~5のいずれか一項に記載の耐熱耐食皮膜と、を備える、耐熱耐食部材。

【請求項7】
 
請求項1~5のいずれか一項に記載の耐熱耐食皮膜の製造方法であって、
基材の一面に、共晶組成物を含む塗膜を形成する塗布工程と、
前記塗膜の一部を集光加熱により溶融する溶融工程と、
溶融位置を移動させながら、溶融箇所を急冷する急冷凝固工程と、を有し、
前記溶融位置の移動速度が500mm/h以上である、耐熱耐食皮膜の製造方法。

【請求項8】
 
前記溶融位置の移動速度が2000mm/h以上である、請求項7に記載の耐熱耐食皮膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017143689thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close