Top > Search of Japanese Patents > CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTER AND CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTING METHOD

CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTER AND CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTING METHOD

Patent code P190015917
File No. L18009
Posted date Mar 25, 2019
Application number P2018-142473
Publication number P2020-019718A
Date of filing Jul 30, 2018
Date of publication of application Feb 6, 2020
Inventor
  • (In Japanese)▲高▼谷 智英
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTER AND CARDIAC MUSCLE DIFFERENTIATION PROMOTING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new cardiac muscle differentiation promoter.
SOLUTION: A cardiac muscle differentiation promoter has oligodeoxynucleotide having the activity of promoting muscle differentiation by application to a cell or an individual. The oligodeoxynucleotide preferably has a core base sequence represented by 5'TTAGGG3' or 5'TGAGGG3', having a base sequence AGA or base sequence AAG on the 5' terminal side.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

わが国の心不全の患者数は約30万人にのぼる。心不全患者のうち、特に重症心不全に対する根本的治療法は、心臓移植及び人工心臓治療があるものの、ドナーの不足、人工心臓の耐久性等が問題となっている。かかる状況の下、心筋再生治療法の開発が熱望されている。心筋再生治療法の開発には、細胞の心筋への分化誘導技術が必要となる。

多能性幹細胞から心筋細胞への分化誘導に関する研究としては、例えば、マウスES細胞、霊長類ES細胞、マウスiPS細胞に、ヒストン脱アセチル化阻害剤であるトリコスタチンAを投与することで、これら多能性幹細胞の心筋分化を誘導できることが見出されている(非特許文献1-3)。

しかし、ヒストン脱アセチル化酵素は全ての細胞に存在しており、その阻害剤であるトリコスタチンAには神経幹細胞から神経細胞への分化を促進し星状細胞(アストロサイト)への分化を抑制する効果も報告されている(非特許文献4)。また、トリコスタチンAには抗腫瘍作用が認められているが、その作用機序の一端はトリコスタチンAが細胞周期を阻害することにあり、そのため、トリコスタチンを一定以上の濃度で投与すると正常な細胞に対して毒性を発揮することも広く知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、心筋分化促進剤、心筋分化促進方法等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
多能性幹細胞、多分化能性幹細胞、及び多能性幹細胞に由来する幹細胞からなる群より選択される少なくとも一種に対して適用することにより心筋への分化を促進する活性を有するオリゴDNAを含む心筋分化促進剤。

【請求項2】
 
前記オリゴDNAは、5’TTAGGG3’又は5’TGAGGG3’で表されるコア塩基配列が2以上連結している、請求項1記載の心筋分化促進剤。

【請求項3】
 
前記オリゴDNAは、5’TTAGGG3’で表されるコア塩基配列に5’TTAGGG3’又は5’TGAGGG3’で表されるコア塩基配列を連結して含む請求項2記載の心筋分化促進剤。

【請求項4】
 
前記オリゴDNAは、塩基配列5’TTAGGGTGAGGG3’を含む請求項3記載の心筋分化促進剤。

【請求項5】
 
前記オリゴDNAは、5’TTAGGG3’ 又は5’TGAGGG3’で表されるコア塩基配列を含み、5’末端側に塩基配列AGA又は塩基配列AAGを有する請求項1記載の心筋分化促進剤。

【請求項6】
 
哺乳類由来の多能性幹細胞、多分化能性幹細胞、及び多能性幹細胞に由来する幹細胞からなる群より選択される少なくとも一種に対して適用するための請求項1から5のいずれか1項に記載の心筋分化促進剤。

【請求項7】
 
前記オリゴDNAは5’TTAGGG3’で表されるコア塩基配列を含む請求項1記載の心筋分化促進剤。

【請求項8】
 
5’末端側に塩基配列AGA又は塩基配列AAGを有した請求項7記載の心筋分化促進剤。

【請求項9】
 
請求項1から8のいずれかの1項に記載の心筋分化促進剤を使用する心筋分化促進方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close