Top > Search of Japanese Patents > INDUCTOR

INDUCTOR

Patent code P190015918
File No. N18013,S2018-0409-N0
Posted date Mar 25, 2019
Application number P2018-140358
Publication number P2019-149535A
Date of filing Jul 26, 2018
Date of publication of application Sep 5, 2019
Priority data
  • P2018-032735 (Feb 27, 2018) JP
Inventor
  • (In Japanese)水野 勉
  • (In Japanese)卜 穎剛
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title INDUCTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a high-performance inductor having a Q value with low resistance by enabling a power supply component such as a high-frequency DC/DC converter to reduce the size and thickness of the inductor and reducing high-frequency loss due to the skin effect and proximity effect of a coil.
SOLUTION: An inductor having a coil wound with a conductor wire having a coil conductor portion 1 having a rectangular cross section and a magnetic body 2 covering the coil includes a nonmagnetic insulator 3 between the coil conductor portion 1 and the magnetic body 2 on at least one long side of the rectangular cross section for at least one coil conductor portion 1. The width of the nonmagnetic insulator 3 in the long side direction of the rectangular cross section of the coil conductor portion 1 is equal to or less than the length of the long side of the rectangular cross section of the coil conductor portion 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、ノート型パソコンや携帯電話に代表される電子機器の小型化が進められ、DC/DCコンバータ等の小型電源の需要が増大している。これに伴い、搭載されるインダクタについても小型化・軽量化が進められ、半導体製造技術やマイクロマシーニング技術を利用した平面型・薄膜型のインダクタや積層チップ型の小型インダクタが検討されている。

従来のインダクタでは、例えば、特許文献1及び特許文献2に記載されているように、磁性体がコイルの導体部を覆う構造となっている。これは、磁性体の磁気シールド効果によってコイル導体部に鎖交する磁束を磁性体に回避させるためであり、コイル導体部内部の表皮効果や近接効果による渦電流の発生を抑制し銅損を低減するためである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、電子回路に用いられるインダクタに関し、特にDC/DCコンバータ等の電源部品に使用されるインダクタに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
矩形断面のコイル導体部を備える導体線が巻回されたコイルと前記コイルを覆う磁性体とを有するインダクタであって、
少なくとも一つの前記コイル導体部について、その矩形断面の少なくとも一方の長辺において前記コイル導体部と前記磁性体との間に非磁性絶縁体を備え、
前記コイル導体部の矩形断面の長辺方向の前記非磁性体絶縁層の幅が前記コイル導体部の矩形断面の長辺の長さ以下である
ことを特徴とするインダクタ。

【請求項2】
 
前記コイルが渦巻状に巻回された平面型のスパイラルコイルである
ことを特徴とする請求項1記載のインダクタ。

【請求項3】
 
前記コイルが渦巻状に巻回されたフラット巻きコイルである
ことを特徴とする請求項1記載のインダクタ。

【請求項4】
 
前記コイルが螺旋状に巻回されたヘリカルコイルである
ことを特徴とする請求項1記載のインダクタ。

【請求項5】
 
前記コイルがフレキシブル基板上に形成されたことを特徴とする請求項1又は2記載のインダクタ。

【請求項6】
 
前記コイル導体部の矩形断面の長辺方向の前記非磁性体絶縁層の幅が前記コイル導体部の矩形断面の長辺の長さの0.4倍以上1倍以下である
ことを特徴とする請求項1~5のいずれか一項記載のインダクタ。

【請求項7】
 
前記コイル導体部が、導体と絶縁体の積層構造からなることを特徴とする請求項1~6のいずれか一項記載のインダクタ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018140358thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close