Top > Search of Japanese Patents > PROTECTIVE FILM MANUFACTURING APPARATUS

PROTECTIVE FILM MANUFACTURING APPARATUS UPDATE_EN

Patent code P190015921
File No. N18024
Posted date Mar 25, 2019
Application number P2018-159025
Publication number P2020-034323A
Date of filing Aug 28, 2018
Date of publication of application Mar 5, 2020
Inventor
  • (In Japanese)井上 淳期
  • (In Japanese)堀田 将臣
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title PROTECTIVE FILM MANUFACTURING APPARATUS UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a protective film manufacturing apparatus capable of manufacturing a protective film without damaging a targeted micro region of a sample.
SOLUTION: The protective film manufacturing apparatus comprises: a sample stage 12 on which a sample 10 is set that is an object for manufacturing a protective film thereon; an observation mechanism (an optical microscope 14 and a monitor 17) for observing the surface of the sample 10 supported on the sample stage 12; an adjusting mechanism for adjusting a relative position of the sample stage 12 to the optical microscope 14; a probe 20 storing the protective material supplied to the sample 10 supported on the sample stage 12; a robot arm 16 supporting the probe 20 and positioning an emission port of the tip of the probe 20 to a desired site on the sample 10; and emission mechanisms 22, 24 connected to the probe 20 and ejecting the protective material supplied to the probe 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

材料の微細な内部構造の観察のために、FIBを用いてサンプルを切削し、SEMにて断面を観察することが行われている。FIBで切削する際にイオンビームの広がりにより、狙っ所だけでなくその近辺がダメージを受けてしまう。そこで断面観察のためのFIB加工においては、加工する前に保護膜を作製し、保護膜の上から切削することにより、観察断面がイオンビームによるダメージを受けることを防止する手法が用いられている。

保護膜の作製方法として、蒸着やスパッタリングによって、材料表面にカーボンや金属の薄膜を作製する手法がある(非特許文献1)。また、FIBの装置に搭載されているデポジションガンを用いて保護膜を作製する方法がある(特許文献1)。この方法はデポジションガンを用いてサンプル表面に保護膜の原料となる化合物ガスを吹き付けながらイオンビームを照射することで、化合物ガスを分解し、分解された固体成分をサンプル表面に付着させることで保護膜を作製する方法である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、FIB装置のサンプル作製等に利用する保護膜作製装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
保護膜を作製する対象物であるサンプルをセットするサンプルステージと、
該サンプルステージにセットされたサンプルの表面を観察する観察機構と、
前記サンプルステージと前記観察機構との相対位置を調節する調節機構と、
前記サンプルステージに支持されたサンプルに供給する保護材が収容されるプローブと、
該プローブを支持し、前記サンプルの所要位置に前記プローブの先端の射出口を位置決めするロボットアームと、
前記プローブに接続され、該プローブに供給された保護材を射出する射出機構とを備えることを特徴とする保護膜作製装置。

【請求項2】
 
前記射出機構は、前記プローブの基端側に一端が接続されるチューブと、該チューブの他端側に接続され、前記プローブの内圧を上昇させプローブから保護材を射出させるブロワーとを備えることを特徴とする請求項1記載の保護膜作製装置。

【請求項3】
 
前記観察機構は、前記サンプルを視認する光学顕微鏡と、光学顕微鏡像を表示するモニターとを備えることを特徴とする請求項1または2記載の保護膜作製装置。

【請求項4】
 
前記調節機構は、前記サンプルステージをx軸、y軸、z軸方向に移動させる駆動機構と該駆動機構を制御するパソコンとを備えることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載の保護膜作製装置。

【請求項5】
 
前記ロボットアームは、x軸、y軸、z軸方向に移動させる移動機構と、該移動機構を制御するパソコンとを備えることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項記載の保護膜作製装置

【請求項6】
 
前記プローブは、中空かつ先端径が数μm~1mmのガラスプローブであることを特徴とする請求項1~5のいずれか一項記載の保護膜作製装置。

【請求項7】
 
前記保護材は、導電性カーボンを水で溶解させたペースト状のカーボンであることを特徴とする請求項1~6のいずれか一項記載の保護膜作製装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018159025thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close