Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING HEXAGONALLY-PLATED SILVER NANOPARTICLE

METHOD FOR PRODUCING HEXAGONALLY-PLATED SILVER NANOPARTICLE UPDATE_EN

Patent code P190015956
File No. S2018-0907-N0
Posted date Apr 2, 2019
Application number P2018-164917
Publication number P2020-037721A
Date of filing Sep 3, 2018
Date of publication of application Mar 12, 2020
Inventor
  • (In Japanese)谷本 久典
  • (In Japanese)橋口 和弘
  • (In Japanese)市川 大晶
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title METHOD FOR PRODUCING HEXAGONALLY-PLATED SILVER NANOPARTICLE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing hexagonally-plated silver nanoparticles that are uniform in shape or size.
SOLUTION: A method for producing a hexagonally-plated silver nanoparticle includes diffusing a silver nanoparticle in a first solution having a concentration of silver citrate hydrate of 0.001 mmol/L-0.350 mmol/L and a concentration of ammonia of 0.008 mmol/L-26.000 mmol/L and radiating monochromatic visible light to the first solution containing the silver nanoparticle.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

バルク状態の金属では、可視光は自由電子により反射され、特有の金属光沢を示す。しかし、大きさが光の波長よりも小さくなった金属ナノ粒子では、局在プラズモン共鳴(Localized Surface Plasmon Resonace:LSPR)吸収により特定エネルギーの光に対して強い吸収を示すようになる。球形金属ナノ粒子の場合、LSPRが励起される光エネルギーELSPRは自由電子密度で決まるため金属種に特有であり、金では約2.4eV(波長約520nm)、銀では約3.0eV(420nm)となる。球形銀ナノ粒子のコロイド水溶液に可視光を照射することで、三角板状の銀ナノ粒子を形成できることが知られている(例えば、非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、六角板状銀ナノ粒子の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
クエン酸銀の濃度が0.001mmol/L~0.350mmol/Lかつアンモニアの濃度が0.008mmol/L~26.000mmol/Lである第1の水溶液に銀ナノ粒子を分散させて、前記銀ナノ粒子を含む第1の水溶液に単色可視光を照射することを特徴とする六角板状銀ナノ粒子の製造方法。

【請求項2】
 
前記第1の水溶液における前記クエン酸銀と前記アンモニアの配合比は、モル比で、1:8~1:20であることを特徴とする請求項1に記載の六角板状銀ナノ粒子の製造方法。

【請求項3】
 
前記銀ナノ粒子は、クエン酸銀の濃度が1.650mmol/L~7.000mmol/Lかつアンモニアの濃度が13mmol/L~140mmol/Lである第2の水溶液に単色可視光を照射して得られたものであることを特徴とする請求項1または2に記載の六角板状銀ナノ粒子の製造方法。

【請求項4】
 
前記第1の水溶液に照射する前記単色可視光の波長により、六角板状銀ナノ粒子の平均辺長を制御することを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の六角板状銀ナノ粒子の製造方法。

【請求項5】
 
クエン酸銀の濃度が1.650mmol/L~7.000mmol/Lかつアンモニアの濃度が13mmol/L~140mmol/Lである第3の水溶液に単色可視光を照射して銀ナノ粒子を形成する工程と、
前記第3の水溶液を遠心分離して、前記第3の水溶液中に前記銀ナノ粒子を沈殿させ、沈殿した前記銀ナノ粒子と上澄み液とを分離する工程と、
前記上澄み液を超純水に置換して、第4の水溶液を調製する工程と、
前記第4の水溶液に単色可視光を照射する工程と、を含むことを特徴とする六角板状銀ナノ粒子の製造方法。

【請求項6】
 
前記第4の水溶液に照射する前記単色可視光の波長により、六角板状銀ナノ粒子の平均辺長を制御することを特徴とする請求項5に記載の六角板状銀ナノ粒子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close