Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF COPPER OXIDE ELECTRODE, COPPER OXIDE ELECTRODE, AND WET SOLAR CELL

MANUFACTURING METHOD OF COPPER OXIDE ELECTRODE, COPPER OXIDE ELECTRODE, AND WET SOLAR CELL

Patent code P190015994
File No. S2017-1034-N0
Posted date Apr 25, 2019
Application number P2017-169674
Publication number P2019-046999A
Date of filing Sep 4, 2017
Date of publication of application Mar 22, 2019
Inventor
  • (In Japanese)盛 田 元 彰
  • (In Japanese)元 田 慎 一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
Title MANUFACTURING METHOD OF COPPER OXIDE ELECTRODE, COPPER OXIDE ELECTRODE, AND WET SOLAR CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a copper oxide electrode that has excellent properties while preventing photocorrosion.
SOLUTION: A manufacturing method of a copper oxide electrode according to the embodiment includes a step of preparing a stainless steel base material 11, a step of forming a copper film on the surface of the stainless steel base material 11, and a step of forming a p-type oxide semiconductor (copper oxide film 12) by heating the stainless steel base material 11 with a copper film formed thereon to oxidize the copper film and forming an n-type an oxide semiconductor (oxide 11a) by oxidizing the stainless steel base material 11 at the interface between the stainless steel base material 11 and the copper film.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、電解質溶液、二酸化チタン電極および白金電極を備える湿式太陽電池が知られている。この湿式太陽電池では、光が照射されると、光触媒効果により発電が行われる。白金は高価であるため、湿式太陽電池の低コスト化を図るべく、白金に代わる電極材料が研究されている。

特許文献1には、銅イオンと硝酸イオンが共存する溶液に、少なくともその表面が電気伝導性である基板を浸漬し、カソード反応により酸化第一銅(Cu2O)を堆積する方法およびこの酸化銅を利用して太陽電池や整流器などの大面積半導体素子を作る方法が記載されている。

特許文献2には、酸化銅電極の製造方法が記載されている。この製造方法では、銅の二価化合物とアルミニウム塩とを混合し、その混合物を熱分解してアルミニウムイオンを固溶した酸化第二銅(CuO)を得る。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、酸化銅電極の製造方法、酸化銅電極、および湿式太陽電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ステンレス鋼基材を準備する準備工程と、
前記ステンレス鋼基材の表面に銅膜を形成する銅膜形成工程と、
前記銅膜が形成されたステンレス鋼基材を加熱することにより、前記銅膜を酸化してp型の酸化物半導体を形成するとともに、前記ステンレス鋼基材と前記銅膜との界面における前記ステンレス鋼基材を酸化してn型の酸化物半導体を形成する熱処理工程と、
を備えることを特徴とする酸化銅電極の製造方法。

【請求項2】
 
前記熱処理工程において、200℃以上、400℃以下の温度で、前記ステンレス鋼基材と前記銅膜を加熱することを特徴とする請求項1に記載の酸化銅電極の製造方法。

【請求項3】
 
前記準備工程において、オーステナイト系、二相系または析出硬化系のステンレス鋼からなるステンレス鋼基材を準備することを特徴とする請求項1または2に記載の酸化銅電極の製造方法。

【請求項4】
 
前記銅膜形成工程において、前記ステンレス鋼基材の表面に銅を蒸着させることにより前記銅膜を形成することを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の酸化銅電極の製造方法。

【請求項5】
 
前記準備工程の後、前記銅膜形成工程の前において、前記ステンレス鋼基材を研磨し、洗浄を行う工程をさらに備えることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の酸化銅電極の製造方法。

【請求項6】
 
前記熱処理工程の後に、
前記酸化された銅膜の反応面を除き、前記酸化された銅膜の表面および前記ステンレス鋼基材を被覆するように絶縁膜を形成する絶縁膜形成工程をさらに備えることを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の酸化銅電極の製造方法。

【請求項7】
 
ステンレス鋼基材と、
前記ステンレス鋼基材の表面に形成され、p型の酸化物半導体である酸化銅膜と、を備え、
前記ステンレス鋼基材と前記酸化銅膜との界面に前記ステンレス鋼基材の酸化物が形成されており、前記酸化物はn型の酸化物半導体であることを特徴とする酸化銅電極。

【請求項8】
 
前記ステンレス鋼基材は、オーステナイト系、二相系または析出硬化系のステンレス鋼からなることを特徴とする請求項7に記載の酸化銅電極。

【請求項9】
 
前記n型の酸化物半導体は、Fe系酸化物であることを特徴とする請求項7または8に記載の酸化銅電極。

【請求項10】
 
電解質溶液と、
請求項7~9のいずれかに記載の酸化銅電極により構成され、前記電解質溶液に浸されたカソード電極と、
前記電解質溶液に浸されたアノード電極と、
を備えることを特徴とする湿式太陽電池。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017169674thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close