Top > Search of Japanese Patents > ACTIVE SPECIES-CONTAINING LIQUID INJECTION DEVICE

ACTIVE SPECIES-CONTAINING LIQUID INJECTION DEVICE

Patent code P190015996
File No. (S2017-1007-N0)
Posted date Apr 25, 2019
Application number P2018-156040
Publication number P2019-040863A
Date of filing Aug 23, 2018
Date of publication of application Mar 14, 2019
Priority data
  • P2017-160163 (Aug 23, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)金子 俊郎
  • (In Japanese)▲高▼島 圭介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title ACTIVE SPECIES-CONTAINING LIQUID INJECTION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an active species-containing liquid injection device which is hard to cause diffusion by an airstream or the like, and which can keep a high bactericidal effect even outdoors.
SOLUTION: An active species-containing liquid injection device comprises: a liquid supplying part 12 provided so as to be able to supply a conductive liquid 15 into a reaction chamber 11; a gas supplying part 13 provided so as to be able to supply a gas to be made plasma into a reaction chamber 11; and a plasma generation means 14 having an electrode 27 disposed at a position where it is opposed to the conductive liquid 15 supplied into the reaction chamber 11, and a power source part 28 provided so as to be able to put a voltage between the conductive liquid 15 and the electrode 27. With the conductive liquid 15 and the gas having been supplied into the reaction chamber 11, the power source part 28 applies a voltage between the conductive liquid 15 and the electrode 27 to generate plasma near the conductive liquid 15, and produce active species of the gas and/or conductive liquid 15. Then, a conductive liquid 15a including the active species is injected from an injection port 11a of the reaction chamber 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、プラズマを用いて病原体や害虫等の殺菌を行うための装置として、反応容器に挿入される挿入部を有する一方の電極と、挿入部と対向する位置に配置された他方の電極と、挿入部を介して水を反応容器に供給する水供給部と、プラズマとなるガスを反応容器に供給するガス供給部と、水とガスとが供給された反応容器中にOHラジカルを発生させるよう、挿入部と他方の電極との間に電圧を印加可能に設けられた電源部とを有するものが、本発明者等により開発されている(例えば、特許文献1参照)。

なお、殺菌を行うものではないが、液体とプラズマとを組み合わせたものとして、大気圧非平衡プラズマを生成する空間内に、液送管を変形させて液体を吐出することにより、ミスト含有大気圧非平衡プラズマを生成し、そのミスト含有大気圧非平衡プラズマを創傷に照射することにより、創傷の治癒効果を高めることができるプラズマ生成装置がある(例えば、特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、活性種含有液噴射装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
反応容器と、
前記反応容器の内部に連通した噴射口と、
前記反応容器の内部に液体を供給する液体供給部と、
プラズマとなるガスを前記反応容器の内部に供給するガス供給部と、
前記反応容器の内部に供給された前記液体の近傍でプラズマを発生させるよう構成されたプラズマ発生手段とを有し、
前記反応容器の内部に前記液体と前記ガスとが供給されたとき、前記プラズマ発生手段により前記液体の近傍でプラズマを発生させて前記ガスおよび/または前記液体の活性種を生成し、その活性種を含む前記液体を前記噴射口から噴射するよう構成されていることを
特徴とする活性種含有液噴射装置。

【請求項2】
 
前記液体供給部は、前記反応容器の内部に導電性の液体を供給するよう構成され、
前記プラズマ発生手段は、前記反応容器の内部に供給された前記液体の少なくとも一部と対向する位置に配置された電極と、前記液体の近傍でプラズマを発生させるよう、前記液体と前記電極との間に電圧を印加可能に設けられた電源部とを有していることを
特徴とする請求項1記載の活性種含有液噴射装置。

【請求項3】
 
前記プラズマ発生手段は、前記反応容器の内部に供給された前記液体と接触または近接するよう、前記反応容器の内部に配置された第1電極と、前記第1電極に対向する位置に配置された第2電極と、前記液体の近傍でプラズマを発生させるよう、前記第1電極と前記第2電極との間に電圧を印加可能に設けられた電源部とを有していることを特徴とする請求項1記載の活性種含有液噴射装置。

【請求項4】
 
前記第1電極は、筒状を成し、少なくとも側面の一部が前記第2電極と対向するよう配置されており、前記第2電極と対向する側面に1または複数の孔を有しており、
前記液体供給部は、前記第1電極の内側を通過するよう、前記液体を供給可能に設けられていることを
特徴とする請求項3記載の活性種含有液噴射装置。

【請求項5】
 
前記反応容器の内部を、1気圧より高い圧力に調整可能に設けられた圧力調整手段を有していることを特徴とする請求項4記載の活性種含有液噴射装置。

【請求項6】
 
前記液体供給部は、前記液体が前記噴射口に向かって前記反応容器の内部を流れて前記噴射口から噴射するよう、前記液体を前記噴射口に向かって付勢して連続的に供給可能に設けられ、
前記プラズマ発生手段は、前記反応容器の内部を流れる前記液体の近傍で前記プラズマを発生可能に構成されていることを
特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の活性種含有液噴射装置。

【請求項7】
 
前記噴射口から噴射される前記活性種を含む前記液体の噴射範囲が、前記噴射口から離れるに従って、噴射方向に対して横方向に広がるよう構成されていることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の活性種含有液噴射装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018156040thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close