TOP > 国内特許検索 > サバ科魚類未分化生殖細胞結合抗体

サバ科魚類未分化生殖細胞結合抗体

国内特許コード P190016004
整理番号 (S2016-0499-N0)
掲載日 2019年5月9日
出願番号 特願2018-507454
出願日 平成29年3月24日(2017.3.24)
国際出願番号 JP2017012111
国際公開番号 WO2017164390
国際出願日 平成29年3月24日(2017.3.24)
国際公開日 平成29年9月28日(2017.9.28)
優先権データ
  • 特願2016-060908 (2016.3.24) JP
発明者
  • 市田 健介
  • 林 誠
  • 矢澤 良輔
  • 竹内 裕
  • 吉崎 悟朗
出願人
  • 国立大学法人東京海洋大学
発明の名称 サバ科魚類未分化生殖細胞結合抗体
発明の概要 本発明は、サバ科魚類未分化生殖細胞を特異的に認識する、モノクローナル抗体であって、モノクローナル抗体が、サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞に対する抗体に関する。本発明は、サバ科魚類の未分化生殖細胞を分離できる抗体を提供する。
従来技術、競合技術の概要

クロマグロをはじめとするサバ科魚類は、経済的価値の高い漁業上重要な魚類である。一方、高級魚として需要の高いクロマグロやミナミマグロなど大型サバ科魚類は、過剰漁獲による天然資源量の著しい減少が問題となっている。そのため、資源量増加を目的とした人工種苗生産および人工種苗(稚魚)放流が検討されている。人工種苗生産では、近親交配や特定疾病の発症による全滅を避けるために、親魚となる個体の遺伝的多様性が必要とされ、従って、多数の親魚を育成する必要がある。しかしながら、例えば、クロマグロでは、体重100kg以上、体長1m以上、年齢3~5歳になって初めて成熟するため親魚となるまでの時間が長いうえ、高速で遊泳するため非常に広大な飼育スペースを必要とする。さらに、ハンドリングに対するストレスに弱いことから人為催熟は技術的に難しく1対1交配の成功率も低い。こうした背景から、多数の親魚を人為的な管理下で育成し、精子や卵を採取することは、飼料や飼育スペースの問題を含め、コスト的および技術的に極めて難しい。

魚類の人工種苗生産技術として、本発明者らは、宿主(レシピエント)魚類とは異なる異種の魚類(ドナー魚類)由来の生殖細胞を、孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植することによって、生殖細胞を生殖細胞系列(配偶子)へ分化誘導することができることを見いだし、異種の宿主魚類を利用し、目的とする魚類の配偶子を分化誘導することに成功している(例えば、特許文献1参照)。この技術は、代理親魚技法または借り腹養殖技法とも呼ばれ、クロマグロなど飼育が難しい魚類の精子や卵を、飼育しやすい異種の宿主魚類によって生産し、交配することにより低コストで簡便な種苗生産を可能にする技術として、期待されている。

この代理親魚技法においては、商業的な量産化に十分な移植効率を確保するために、ドナー魚類の生殖腺、精巣または卵巣から、未分化生殖細胞のみを分離して、それを移植に用いる必要がある。特許文献1では、始原生殖細胞のみを分離するために、始原生殖細胞に対して特異的に発現するvasa遺伝子の転写調節領域にGFP(Green Fluorescent Protein:緑色蛍光タンパク質)遺伝子を導入した遺伝子組換えニジマスをドナー魚類として使用し、GFP遺伝子が発現している細胞を始原生殖細胞として分離している。しかしながら、このような遺伝子組換え魚類由来の始原生殖細胞を分化誘導して得られる精子や卵はGFP遺伝子が導入されたものであり、これらの精子や卵を利用して生産される稚魚も同様にGFP遺伝子が導入された種苗となる。そのため、食用魚や放流種苗として利用することはできず、実用化生産技術としては適さない。

GFP遺伝子などのレポーター遺伝子の導入を行わずに、ドナー魚類から始原生殖細胞等の未分化生殖細胞を分離する方法として、生殖細胞に特異的に結合する抗体を用いた生殖細胞の分離方法が検討されている。例えば、特許文献2ではマグロ由来生殖細胞を特異的に検出することができる抗マグロvasa抗体が開示されている。しかしながら、この抗体はその抗原認識部位が細胞質内に存在するため、固定した細胞や組織中で生殖細胞を検出することは可能であるが、生きた状態の細胞を検出することや分離することは不可能である。

一方、本発明者らは、ニジマスなどサケ科魚類では、GFP遺伝子導入ニジマスより単離した生きた精原細胞を抗原としてマウスに免疫することにより得られた抗体が、精原細胞を選択的に標識でき、その抗体を用いることで遺伝子導入魚でなくても生殖細胞を分離できることを確認している(非特許文献1参照)。しかしながら、非特許文献1の方法では、抗原となる精原細胞が遺伝子導入魚由来であり、クロマグロなどサバ科魚類では、遺伝子導入魚の樹立が困難であるため、該方法による抗体の生産は困難である。

産業上の利用分野

本発明はサバ科魚類未分化生殖細胞を特異的に認識する抗体に関し、また、これを用いたサバ科魚類未分化生殖細胞の濃縮方法および分化誘導方法、ならびにこれらの方法を用いたサバ科魚類の精子または卵の生産方法およびサバ科魚類の生産方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
サバ科魚類未分化生殖細胞を特異的に認識する、モノクローナル抗体であって、
モノクローナル抗体が、サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞に対する抗体である、モノクローナル抗体。

【請求項2】
サバ科魚類未分化生殖細胞を特異的に認識する、モノクローナル抗体であって、
モノクローナル抗体が、抗体産生ハイブリドーマTA-No.6-28(NITE ABP-02222)またはTA-No.15-1(NITE ABP-02223)により産生される、請求項1に記載のモノクローナル抗体。

【請求項3】
未分化生殖細胞が、始原生殖細胞、A型精原細胞または卵原細胞である、請求項1または2に記載のモノクローナル抗体。

【請求項4】
サバ科魚類が、マグロ属魚類、スマ属魚類、カツオ属魚類およびサバ属魚類から選択される1種である、請求項1~3のいずれか一項に記載のモノクローナル抗体。

【請求項5】
サバ科魚類未分化生殖細胞の表面を特異的に認識する、請求項1~4のいずれか一項に記載のモノクローナル抗体。

【請求項6】
請求項1~5のいずれか一項に記載の抗体を用いて、サバ科魚類由来の未分化生殖細胞を含んでなるサバ科魚類の精巣または卵巣から、サバ科魚類由来の未分化生殖細胞を分離することを含んでなる、サバ科魚類未分化生殖細胞濃縮方法。

【請求項7】
サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞を、孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植することを含んでなる、未分化生殖細胞の配偶子への分化誘導方法において、
移植前に、請求項1~5のいずれか一項に記載の抗体を用いて、サバ科魚類由来の未分化生殖細胞を含んでなるサバ科魚類の精巣または卵巣から、サバ科魚類未分化生殖細胞を分離、濃縮し、
該分離、濃縮した未分化生殖細胞を、孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植する
ことを含んでなる、未分化生殖細胞の配偶子への分化誘導方法。

【請求項8】
移植する未分化生殖細胞を提供するサバ科魚類が、宿主魚類とは異種である、請求項7に記載の未分化生殖細胞の配偶子への分化誘導方法。

【請求項9】
移植する未分化生殖細胞を提供するサバ科魚類が、宿主魚類より大型魚類である、請求項7または8に記載の未分化生殖細胞の配偶子への分化誘導方法。

【請求項10】
宿主魚類が、サバ科魚類から選択される1種であり、移植する未分化生殖細胞を提供するサバ科魚類がマグロから選択される1種である、請求項7~9のいずれか一項に記載の未分化生殖細胞の配偶子への分化誘導方法。

【請求項11】
サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞を、孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植することを含んでなる、サバ科魚類の精子または卵の生産方法であって、
移植前に、請求項1~5のいずれか一項に記載の抗体を用いて、サバ科魚類由来の未分化生殖細胞を含んでなるサバ科魚類の精巣または卵巣から、サバ科魚類未分化生殖細胞を分離、濃縮し、
該分離、濃縮した未分化生殖細胞を孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植し、
該移植した末分化生殖細胞を配偶子へ分化誘導して、サバ科魚類の精子または卵子を得る
ことを含んでなる、サバ科魚類の精子または卵の生産方法。

【請求項12】
サバ科魚類の精巣または卵巣から分離された未分化生殖細胞を、孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植することを含んでなる、サバ科魚類の生産方法であって、
移植前に、請求項1~5のいずれか一項に記載の抗体を用いて、サバ科魚類由来の未分化生殖細胞を含んでなるサバ科魚類の精巣または卵巣から、サバ科魚類未分化生殖細胞を分離、濃縮し、
該分離、濃縮した未分化生殖細胞を孵化前後の宿主魚類個体の腹腔内へ移植し、
移植した未分化生殖細胞を配偶子へ分化誘導し、
得られた精子および卵を交配する
ことを含んでなる、サバ科魚類の生産方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close