Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)培養上皮シートの製造方法

(In Japanese)培養上皮シートの製造方法

Patent code P190016015
File No. (S2016-0583-N0)
Posted date May 9, 2019
Application number P2018-513195
Date of filing Apr 19, 2017
International application number JP2017015704
International publication number WO2017183655
Date of international filing Apr 19, 2017
Date of international publication Oct 26, 2017
Priority data
  • P2016-084471 (Apr 20, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)中村 隆宏
  • (In Japanese)木下 茂
  • (In Japanese)横尾 誠一
  • (In Japanese)山上 聡
Applicant
  • (In Japanese)京都府公立大学法人
  • (In Japanese)公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
Title (In Japanese)培養上皮シートの製造方法
Abstract (In Japanese)口腔粘膜上皮細胞由来の細胞を、無血清培地中、基材上で培養する工程を含む上皮細胞シートの製造方法であって、前記無血清培地が(i)EGFタンパク質またはKGFタンパク質、(ii)B-27サプリメント、及び(iii)ROCK阻害剤を含む無血清培地である、方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

角膜再生医療に用いる培養上皮シート(cultivated oral mucosal epithelialcell sheets(COMECS))の作成方法が報告されている(特許文献1、非特許文献1~3)。該方法で得られる培養上皮シートは、難治性角結膜疾患の治療に活用され、高い治療実績が得られている。我が国においては、「培養自家口腔粘膜上皮シート移植術」(Cultivated Oral Mucosal Epithelial Sheet Transplantation (COMET))が先進医療として実施されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、主に、培養上皮シートの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
口腔粘膜上皮細胞由来の細胞を、無血清培地中、基材上で培養する工程を含む上皮細胞シートの製造方法であって、前記無血清培地が
(i)EGFタンパク質またはKGFタンパク質、
(ii)B-27サプリメント、及び
(iii)ROCK阻害剤
を含む無血清培地である、方法。

【請求項2】
 
上記培地が、
(iv)多糖類、
(v)カテキン類、及び
(vi)コルチコイド
からなる群から選択される少なくとも1種をさらに含む請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の方法により得られる上皮細胞シート。

【請求項4】
 
(i)EGFタンパク質またはKGFタンパク質、
(ii)B-27サプリメント、及び
(iii)ROCK阻害剤
を含む、口腔粘膜上皮細胞由来の細胞を材料として上皮細胞シートの製造するための無血清培地。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018513195thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close