TOP > 国内特許検索 > アンジオテンシン変換酵素阻害活性の高い発酵乳および生理活性ペプチドの製造方法

アンジオテンシン変換酵素阻害活性の高い発酵乳および生理活性ペプチドの製造方法 UPDATE

国内特許コード P190016022
整理番号 (S2016-0812-N0)
掲載日 2019年5月9日
出願番号 特願2018-524168
出願日 平成29年6月22日(2017.6.22)
国際出願番号 JP2017023100
国際公開番号 WO2017222029
国際出願日 平成29年6月22日(2017.6.22)
国際公開日 平成29年12月28日(2017.12.28)
優先権データ
  • 特願2016-124765 (2016.6.23) JP
発明者
  • 岡本 賢治
  • 並河 徹
出願人
  • 国立大学法人鳥取大学
  • 国立大学法人島根大学
発明の名称 アンジオテンシン変換酵素阻害活性の高い発酵乳および生理活性ペプチドの製造方法 UPDATE
発明の概要 本発明は、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性の高い発酵乳を提供する。さらに本発明は、きのこを用いて乳を発酵させることを特徴とする、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性の高い発酵乳の製造方法およびTyr-Proの製造方法を提供する。
従来技術、競合技術の概要


食と健康との関係が益々注目されている昨今において、新しくかつ優れた生理活性を有する食品の開発が望まれている。食品の生理活性については多くの研究がなされており、様々な生理活性を有する食品が開発され、販売されている。とりわけ発酵食品の生理活性は注目すべきものが多い。例えば、タンパク質分解活性をもつ乳酸菌を用いた発酵乳は血圧降下活性を有することが知られている(例えば特許文献1参照)。



血圧降下活性を示す発酵乳中の物質として、Ile-Pro-Pro、Val-Pro-Pro、Tyr-Proなどのペプチドが知られている。これらのペプチドはアンジオテンシン変換酵素阻害活性によって血圧を降下させる。しかし、これらのペプチドの安価な工業生産技術はまだ確立されておらず、高価である。



したがって、従来の発酵乳よりも更にアンジオテンシン変換酵素阻害活性や血圧降下活性などが高い発酵乳が求められている。また、上記のようなアンジオテンシン変換酵素阻害活性や血圧降下活性を有するペプチドは非常に高価であり、安価かつ簡単にこれらのペプチドを製造する技術が求められていた。

産業上の利用分野


本発明は、生理活性を有する食品の製造方法、詳細にはアンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性の高い発酵乳の製造方法に関する。さらに本発明は、生理活性ペプチドの製造方法、詳細にはTyr-Proの製造方法に関する。なお、本願は、国等の委託研究の成果に係る特許出願(平成28年度農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」産業技術力強化法第19条の適用を受ける特許出願)である。

特許請求の範囲 【請求項1】
きのこを用いて乳を発酵させることを特徴とする、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性を有する発酵乳の製造方法。

【請求項2】
きのこがキカイガラタケ科のきのこ、サルノコシカケ科のきのこまたはコウヤクタケ科のきのこである請求項1記載の方法。

【請求項3】
きのこがNeolentinus属、Trametes属またはPeniophora属のきのこである請求項2記載の方法。

【請求項4】
きのこがNeolentinus属またはPeniophora属のきのこである請求項3記載の方法。

【請求項5】
乳が牛乳またはスキムミルクである請求項1~4のいずれか記載の方法。

【請求項6】
請求項1~5のいずれか1項記載の方法により得られる、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性を有する発酵乳。

【請求項7】
請求項6記載の発酵乳を含有させることを特徴とする、アンジオテンシン変換酵素阻害活性、血圧降下活性および/または脳卒中予防活性を有する飲食物の製造方法。

【請求項8】
請求項6記載の発酵乳を含有させることを特徴とする、アンジオテンシン変換酵素阻害用、血圧降下用および/または脳卒中予防用の医薬組成物の製造方法。

【請求項9】
きのこを用いて乳を発酵させることを特徴とする、Tyr-Proの製造方法。

【請求項10】
きのこがキカイガラタケ科のきのこ、サルノコシカケ科のきのこまたはコウヤクタケ科のきのこである請求項9記載の方法。

【請求項11】
きのこがNeolentinus属、Trametes属またはPeniophora属のきのこである請求項10記載の方法。

【請求項12】
きのこがNeolentinus属またはPeniophora属のきのこである請求項11記載の方法。

【請求項13】
乳が牛乳またはスキムミルクである請求項9~12のいずれか記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close