Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)希土類錯体ポリマー

(In Japanese)希土類錯体ポリマー

Patent code P190016037
File No. (S2016-0724-N0)
Posted date May 9, 2019
Application number P2018-515708
Date of filing Apr 26, 2017
International application number JP2017016574
International publication number WO2017191795
Date of international filing Apr 26, 2017
Date of international publication Nov 9, 2017
Priority data
  • P2016-092667 (May 2, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)中西 貴之
  • (In Japanese)平井 悠一
  • (In Japanese)長谷川 靖哉
  • (In Japanese)北川 裕一
  • (In Japanese)伏見 公志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title (In Japanese)希土類錯体ポリマー
Abstract (In Japanese)三価の希土類イオンと、式(1)で表されるホスフィンオキシド二座配位子と、を含む希土類錯体ポリマーが開示される。1つのホスフィンオキシド二座配位子が、2つの希土類イオンに配位してそれらを橋かけしている。
【化1】
 
(省略)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、発光材料として機能する希土類錯体ポリマーが提案されている(例えば、特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、希土類錯体ポリマーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
三価の希土類イオンと、式(1)で表されるホスフィンオキシド二座配位子と、を含み、
1つの前記ホスフィンオキシド二座配位子が、2つの前記希土類イオンに配位して2つの前記希土類イオン同士を橋かけしている、希土類錯体ポリマー。
【化1】
 
(省略)
[式(1)中、R1及びR2は、それぞれ独立に、水素原子又は一価の有機基を示し、Ar1、Ar2、Ar3及びAr4は、それぞれ独立に、置換基を有していてもよい一価の芳香族基を示し、R1及びR2が互いに結合していてもよく、Ar1、Ar2、Ar3及びAr4から選ばれる2つの基が互いに結合していてもよい。]

【請求項2】
 
2種以上の前記希土類イオンを含む、請求項1に記載の希土類錯体ポリマー。

【請求項3】
 
前記希土類イオンが、Eu(III)イオン、Tb(III)イオン、Gd(III)イオン、Sm(III)イオン、Yb(III)イオン、Nd(III)イオン、Er(III)イオン、Y(III)イオン、Dy(III)イオン、Ce(III)イオン、及びPr(III)イオンからなる群から選択される少なくとも一種の希土類イオンである、請求項1又は2に記載の希土類錯体ポリマー。

【請求項4】
 
前記希土類イオンに配位している、式(2)で表されるジケトン配位子を更に含む、請求項1~3のいずれか一項に記載の希土類錯体ポリマー。
【化2】
 
(省略)
[式(2)中、Aは水素原子又はハロゲン原子を示し、Zは水素原子又は重水素原子を示し、同一分子中の複数のAは同一であっても異なっていてもよい。]
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018515708thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close