Top > Search of Japanese Patents > ANTENNA DEVICE

ANTENNA DEVICE UPDATE_EN

Patent code P190016085
File No. (S2018-0002-N0)
Posted date May 27, 2019
Application number P2018-185159
Publication number P2019-068421A
Date of filing Sep 28, 2018
Date of publication of application Apr 25, 2019
Priority data
  • P2017-193700 (Oct 3, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)吉田 賢史
  • (In Japanese)西川 健二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title ANTENNA DEVICE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an antenna device capable of realizing compaction while allowing for send-receive of multiple different frequency bands.
SOLUTION: An antenna device 1A has a multilayer structure formed on a dielectric substrate 2. A first parallel line 11 is constituted of two layers of conductive pattern extending in parallel with each other. The first parallel line 11 operates as a folding dipole antenna of tip open type for a first frequency band, and operates as a signal transmission line for a second frequency band higher than the first frequency band. A second parallel line 12 is constituted of two layers of conductive pattern which are branched in the way of the first parallel line 11 and after extending in parallel with each other, bending in the inverse direction, and operates as a dipole antenna of single element for the second frequency band.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年急速に普及したスマートフォンには、4GもしくはLTE(Long Term Evolution)通信システム用のアンテナ以外にも無線LAN(Wifi)やワンセグ受信用のアンテナなど、様々な周波数帯のアンテナが内蔵されている。このため、従来より、各種アンテナの実装方法の研究が進められている(例えば、非特許文献1参照)。

また、次世代の移動通信システムとして、第5世代の移動通信システム(5G)に関する検討が既に世界各所で始まっており、5G用小型携帯端末において、超高速通信が可能なミリ波帯通信システムの搭載が検討されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アンテナ装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
誘電体基板に形成される多層構造のアンテナ装置であって、
互いに平行に延びる2層の導電性パターンで構成され、第1の周波数帯については先端開放型の折り返しダイポールアンテナとして動作し、前記第1の周波数帯よりも高い第2の周波数帯については信号の伝送線路として動作する第1の平行線路と、
前記第1の平行線路の途中から枝別れして互いに平行に延びた後、逆方向に折れ曲がった2層の導電性パターンで構成され、前記第2の周波数帯については単素子ダイポールアンテナとして動作する第2の平行線路と、
を備えるアンテナ装置。

【請求項2】
 
前記第2の平行線路は、前記第1の平行線路上に複数設けられ、
前記第2の平行線路それぞれで送受信され、前記第2の平行線路が設けられる間隔は、
前記第1の平行線路を伝送される前記第2の周波数帯の無線信号の位相差が2πとなる間隔である、
請求項1に記載のアンテナ装置。

【請求項3】
 
複数の前記第2の平行線路は、同じ向きで配設されている、
請求項2に記載のアンテナ装置。

【請求項4】
 
前記第1の平行線路の各線路は、メアンダ状に折り返されながら延びている、
請求項1から3のいずれか一項に記載のアンテナ装置。

【請求項5】
 
前記誘電体基板は、
前記第2の平行線路が設けられた位置に、前記第2の平行線路がダイポールアンテナとして動作する前記第2の周波数帯の無線信号の送受信方向に張り出す張り出し部を有する、
請求項4に記載のアンテナ装置。

【請求項6】
 
前記第1の平行線路における、先端開放型の折り返しダイポールアンテナとして動作する部分の全長が、前記第1の周波数帯の無線信号の波長の1/2であり、
前記第2の平行線路において、ダイポールアンテナとして動作する部分の全長が、前記第2の周波数帯の無線信号の波長の1/2である、
請求項1から5のいずれか一項に記載のアンテナ装置。

【請求項7】
 
前記第1の周波数帯は、UHF帯であり、
前記第2の周波数帯は、ミリ波帯である、
請求項1から6のいずれか一項に記載のアンテナ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018185159thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close