Top > Search of Japanese Patents > BLOOD MARKER FOR UTERINE SARCOMA DETECTION, UTERINE SARCOMA DETECTION KIT, AND ACQUISITION METHOD OF DATA FOR UTERINE SARCOMA DIAGNOSIS

BLOOD MARKER FOR UTERINE SARCOMA DETECTION, UTERINE SARCOMA DETECTION KIT, AND ACQUISITION METHOD OF DATA FOR UTERINE SARCOMA DIAGNOSIS UPDATE_EN commons

Patent code P190016107
File No. FU848
Posted date Jun 12, 2019
Application number P2018-239657
Publication number P2019-070659A
Date of filing Dec 21, 2018
Date of publication of application May 9, 2019
Inventor
  • (In Japanese)水谷 哲也
  • (In Japanese)宮本 薫
  • (In Japanese)河邉 真也
  • (In Japanese)石兼 真
  • (In Japanese)吉田 好雄
  • (In Japanese)福田 真
  • (In Japanese)山本 真
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title BLOOD MARKER FOR UTERINE SARCOMA DETECTION, UTERINE SARCOMA DETECTION KIT, AND ACQUISITION METHOD OF DATA FOR UTERINE SARCOMA DIAGNOSIS UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a marker for uterine sarcoma detection, a uterine sarcoma detection kit, and an acquisition method of data for uterine sarcoma diagnosis.
SOLUTION: A disclosed uterine sarcoma detection kit is based on a discovery that, compared to the blood of patients suffering from other diseases, including uterine fibroids, the concentration of midkine protein is significantly high in the blood of patients suffering from uterine sarcoma. The uterine sarcoma detection kit includes substances that interact specifically with midkine proteins. Substances that interact specifically with the midkine protein are anti-midkine antibodies, proteoglycans, receptor protein tyrosine phosphatases, low density lipoprotein receptor-related proteins, anaplastic leukemia kinase, integrin α4β1, integrin α6β1, or Notch-2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

良性腫瘍である子宮筋腫と、悪性腫瘍である子宮肉腫とでは、治療方法が異なる。例えば、子宮筋腫は、成人女性10万人あたり約3万人に見出される良性腫瘍であって、投薬によって治療され得、症状によっては経過観察されることもある。一方、子宮肉腫は、成人女性10万人あたり約2人に見出される悪性腫瘍であって、転移等を生じて予後が悪く、早期に摘出する必要がある。それ故に、患者が子宮筋腫または子宮肉腫の何れを患っているのか早期に鑑別して、治療の初期段階にて患者に適した治療方法を選択することが重要である。

従来から、子宮筋腫と子宮肉腫との鑑別にMRI(magnetic resonance imaging)による画像診断が用いられているが、画像診断のみでは両者の鑑別が困難な場合がある。このような場合には、患者から組織を採取して病理組織検査が行われるが、病理組織検査には、煩雑な手間と時間とを要する。また、病理組織検査は、患者から組織を採取する必要があるため、患者の体にかかる負担が大きく、発生頻度が低い子宮肉腫の検査としては現実的な検査ではない。

そこで、従来から、血液中に存在する、子宮肉腫を検出するためのマーカーの探索が行われている。例えば、非特許文献1には、子宮肉腫(具体的には、uterine sarcoma)のマーカーとして、GDF-15(Growth differentiation factor-15)が記載されている。非特許文献2には、子宮筋腫(具体的には、uterine endometrial carcinoma)のマーカーとして、ミッドカイン(Midkine)が記載されているものの、子宮肉腫のマーカーは、記載されていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、子宮肉腫検出用血液マーカー、子宮肉腫検出用キット、および、子宮肉腫診断のためのデータの取得方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ミッドカイン蛋白質を含んでいることを特徴とする、子宮肉腫検出用血液マーカー。

【請求項2】
 
上記ミッドカイン蛋白質は、以下の(7)または(8)の蛋白質であることを特徴とする、請求項1に記載の子宮肉腫検出用血液マーカー:
(7)配列番号7に示されるアミノ酸配列からなる蛋白質;
(8)配列番号7に示されるアミノ酸配列において、10個以下のアミノ酸が、置換、欠失、挿入、および/または付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミッドカイン蛋白質としての活性を有する蛋白質。

【請求項3】
 
ミッドカイン蛋白質と特異的に相互作用する物質を備えており、
上記ミッドカイン蛋白質と特異的に相互作用する物質が、抗ミッドカイン抗体、プロテオグリカン、受容体型タンパク質チロシンホスファターゼ、low density lipoprotein receptor-related protein、anaplastic leukemia kinase、インテグリンα4β1、インテグリンα6β1、または、Notch-2であることを特徴とする、子宮肉腫検出用キット。

【請求項4】
 
上記ミッドカイン蛋白質と特異的に相互作用する物質が、抗ミッドカイン抗体であることを特徴とする、請求項3に記載の子宮肉腫検出用キット。

【請求項5】
 
上記ミッドカイン蛋白質は、以下の(7)または(8)の蛋白質であることを特徴とする、請求項3または4に記載の子宮肉腫検出用キット:
(7)配列番号7に示されるアミノ酸配列からなる蛋白質;
(8)配列番号7に示されるアミノ酸配列において、10個以下のアミノ酸が、置換、欠失、挿入、および/または付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミッドカイン蛋白質としての活性を有する蛋白質。

【請求項6】
 
生体から取得された血液中の、ミッドカイン蛋白質を検出する検出工程を有することを特徴とする、子宮肉腫診断のためのデータの取得方法。

【請求項7】
 
上記ミッドカイン蛋白質は、以下の(7)または(8)の蛋白質であることを特徴とする、請求項6に記載の子宮肉腫診断のためのデータの取得方法:
(7)配列番号7に示されるアミノ酸配列からなる蛋白質;
(8)配列番号7に示されるアミノ酸配列において、10個以下のアミノ酸が、置換、欠失、挿入、および/または付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミッドカイン蛋白質としての活性を有する蛋白質。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close