Top > Search of Japanese Patents > HOLOGRAM DATA GENERATION DEVICE AND PROGRAM OF THE SAME

HOLOGRAM DATA GENERATION DEVICE AND PROGRAM OF THE SAME commons meetings

Patent code P190016118
File No. 15-038
Posted date Jun 13, 2019
Application number P2015-210488
Publication number P2017-083598A
Date of filing Oct 27, 2015
Date of publication of application May 18, 2017
Inventor
  • (In Japanese)涌波 光喜
  • (In Japanese)市橋 保之
  • (In Japanese)佐々木 久幸
  • (In Japanese)大井 隆太朗
  • (In Japanese)妹尾 孝憲
  • (In Japanese)山本 健詞
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title HOLOGRAM DATA GENERATION DEVICE AND PROGRAM OF THE SAME commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hologram data generation device capable of correctly reproducing object light before correction in a wave front recording technology.
SOLUTION: A hologram data generation device 2 includes: parameter input means 21 for inputting a parameter necessary for calculating a complex amplitude distribution of object light, reference light, and reproduction light; complex amplitude distribution calculation means 22 for referring to a parameter input from the parameter input means 21 to calculate the complex amplitude distribution regarding the object light, reference light, and reproduction light; correction information calculation means 23 for calculating the complex amplitude distribution of the corrected object light by a preset calculation formula; and hologram data generation means 24 for generating hologram data to which the complex amplitude distribution of the corrected object light is reflected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、CGデータから生成されたホログラムデータを用いて、立体表示を行う発明が提案されている(特許文献1)。この従来技術は、空間光変調器(SLM:Spatial Light Modulator)を透過した光を再生用レンズで収束させ、その焦点位置付近に立体像を結像するフーリエ変換ホログラム方式を採用したものである。そして、この従来技術は、再生用レンズと理想レンズとの位相差を表した補正データでホログラムデータを補正することで、再生用レンズの収差に起因する立体像の歪みを抑える。

Field of industrial application (In Japanese)

本願発明は、ホログラムデータを生成するホログラムデータ生成装置及びそのプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホログラム記録媒体にホログラムデータを記録する際に照射する参照光と、前記ホログラム記録媒体に記録されたホログラムデータを再生する際に照射する再生光との方向ズレを補正するホログラムデータ生成装置であって、
前記ホログラム記録媒体にホログラムデータを記録する際に照射する補正前物体光と前記参照光と前記再生光とについて、複素振幅分布を算出する複素振幅分布算出手段と、
前記方向ズレが補正された補正後物体光の複素振幅分布を表した算出式が予め設定され、予め設定された前記算出式及び前記補正前物体光と前記参照光と前記再生光との複素振幅分布に基づいて、前記補正後物体光の複素振幅分布を算出する補正後物体光算出手段と、
前記補正後物体光の複素振幅分布が反映されたホログラムデータを生成するホログラムデータ生成手段と、
を備えることを特徴とするホログラムデータ生成装置。

【請求項2】
 
ホログラム記録媒体にホログラムデータを記録する際に照射する参照光と、前記ホログラム記録媒体に記録されたホログラムデータを再生する際に照射する再生光との輝度分布の違いを補正するホログラムデータ生成装置であって、
前記ホログラム記録媒体にホログラムデータを記録する際に照射する補正前物体光と前記参照光と前記再生光とについて、複素振幅分布を算出する複素振幅分布算出手段と、
前記輝度分布の違いが補正された補正後物体光の複素振幅分布を表した算出式が予め設定され、予め設定された前記算出式及び前記補正前物体光と前記参照光と前記再生光との複素振幅分布に基づいて、前記補正後物体光の複素振幅分布を算出する補正後物体光算出手段と、
前記補正後物体光の複素振幅分布が反映されたホログラムデータを生成するホログラムデータ生成手段と、
を備えることを特徴とするホログラムデータ生成装置。

【請求項3】
 
前記補正後物体光算出手段は、前記ホログラム記録媒体の画素位置(x,y)毎に、振幅AO及び位相φOで表された前記補正前物体光の複素振幅分布と、振幅AR及び位相φRで表された前記参照光の複素振幅分布と、振幅AP及び位相φPで表された前記再生光の複素振幅分布とを、前記算出式としての式(4)に代入することで、
【数1】
 
(省略)
前記補正後物体光の複素振幅分布Cを算出することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のホログラムデータ生成装置。

【請求項4】
 
前記複素振幅分布算出手段は、前記再生光の光源が複数の点光源である場合、各点光源から求めた複素振幅分布の総和を1つの前記再生光の複素振幅分布として算出することを特徴とする請求項1から請求項3の何れか一項に記載のホログラムデータ生成装置。

【請求項5】
 
前記複素振幅分布算出手段は、前記再生光の光源が線光源又は面光源である場合、前記線光源又は前記面光源を点光源の集合として予め設定し、各点光源から求めた複素振幅分布の総和を1つの前記再生光の複素振幅分布として算出することを特徴とする請求項1から請求項3の何れか一項に記載のホログラムデータ生成装置。

【請求項6】
 
コンピュータを、請求項1から請求項5の何れか一項に記載のホログラムデータ生成装置として機能させるためのホログラムデータ生成プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015210488thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close