Top > Search of Japanese Patents > STEREOSCOPIC DISPLAY

STEREOSCOPIC DISPLAY UPDATE_EN commons meetings

Patent code P190016120
File No. 11-061
Posted date Jun 13, 2019
Application number P2012-082528
Publication number P2013-210590A
Patent number P5943273
Date of filing Mar 30, 2012
Date of publication of application Oct 10, 2013
Date of registration Jun 3, 2016
Inventor
  • (In Japanese)吉田 俊介
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title STEREOSCOPIC DISPLAY UPDATE_EN commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a stereoscopic display capable of presenting a stereoscopic image improved in quality while a cost increase is restricted by a small number of light beam generators.
SOLUTION: A plurality of reflecting elements 2 are arrayed in a first direction and arranged at least in a line in a second direction intersecting the first direction. A scanning type projector 1 emits light beams to reflecting faces 24 of the reflecting elements 2. A control device 5 controls the reflecting elements 2 such that the reflecting face 24 of each reflecting element 2 is swung around a first axis when a light beam is emitted to the reflecting face 24 of each reflecting element 2, thereby forming light beam groups formed from a plurality of light beams reflected in different directions by the respective reflecting faces 24 of the reflecting elements 2 within a fixed time. Based on stereoscopic shape data, the scanning type projector 1 is controlled such that a stereoscopic image 300 is presented by the light beam groups from the reflecting elements 2, having passed through a light beam controller 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

複数のプロジェクタを用いることにより裸眼で視認可能な立体画像を提示する立体ディスプレイが提案されている(特許文献1参照)。

特許文献1に記載された立体ディスプレイは、光線制御子および複数のプロジェクタを備える。光線制御子は、円錐台形状を有し、大径の底部開口が上方を向くようにテーブルの天板の円形孔部に嵌め込まれる。テーブルの下方に、複数のプロジェクタが光線制御子の軸を中心とする円周上に配置される。各プロジェクタは、光線を光線制御子の外周面に照射するとともにその光線を水平面内および垂直面内で偏向させる。制御装置は、立体形状データに基づいて、複数のプロジェクタにより発生される光線群により立体画像が提示されるように複数のプロジェクタを制御する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、立体画像を提示する立体ディスプレイに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
立体形状データに基づいて立体画像を提示するための立体ディスプレイであって、
第1の方向に沿って並びかつ前記第1の方向に交差する第2の方向において少なくとも1列に配置されるとともに、前記第1の方向に沿った第1の軸を中心として揺動可能かつ前記第2の方向に沿った第2の軸を中心として揺動可能に構成される反射面をそれぞれ有する複数の反射素子と、
前記複数の反射素子の前記反射面に光線を照射する光線発生器と、
前記複数の反射素子の前記反射面により反射された光線を透過させる光線制御子と、
前記複数の反射素子および前記光線発生器を制御する制御手段とを備え、
前記複数の反射素子の前記反射面は、前記第1の方向に平行な面内で異なる方向に光線を反射するように設けられ、
前記複数の反射素子の各々は、
支持枠と、
前記第1および第2の軸のうち一方の軸を中心として回転可能に前記支持枠に取り付けられる可動枠と、
前記第1および第2の軸のうち他方の軸を中心として回転可能に前記可動枠に取り付けられる反射部材とを含み、
前記反射部材は前記反射面を有し、
前記制御手段は、各反射素子の前記反射面への光線の照射時に、各反射素子の前記反射面が前記第1の軸を中心として揺動するとともに前記第2の軸を中心として揺動することにより一定時間内において各反射素子の前記反射面でそれぞれ異なる方向に反射された複数の光線からなる光線群が形成されるように前記複数の反射素子を制御し、前記立体形状データに基づいて、前記光線制御子を透過した前記複数の反射素子からの複数の光線群により立体画像が提示されるように前記光線発生器を制御するように構成され
前記複数の反射素子からの光線を前記第1の方向において第1の角度範囲で拡散させて透過させるとともに前記第2の方向において第2の角度範囲で拡散させて透過させ、
前記第1および第2の角度範囲は、前記光線群により提示される立体画像に実質的に間隙が形成されずかつ立体画像の立体形状が認識されるように設定される、立体ディスプレイ。

【請求項2】
 
前記光線発生器は、光線を前記第1の方向に平行な面内で偏向させるように構成され、
前記制御手段は、光線が前記第1の方向に走査されることにより前記複数の反射素子の前記反射面に順次光線が照射されつつ各反射素子の前記反射面が前記第1の軸を中心として揺動することにより一定時間内において各反射素子の前記反射面でそれぞれ異なる方向に反射された複数の光線からなる光線群が形成されるように前記光線発生器および前記複数の反射素子を制御するように構成される、請求項1記載の立体ディスプレイ。

【請求項3】
 
前記第2の角度範囲は、前記第1の角度範囲よりも大きく設定される、請求項1または2記載の立体ディスプレイ。

【請求項4】
 
前記複数の反射素子は、さらに前記第2の方向において複数列に配置され、
前記光線発生器は、前記複数列の複数の反射素子に光線を照射するように構成される、請求項1~3のいずれかに記載の立体ディスプレイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012082528thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close