TOP > 国内特許検索 > 立体ディスプレイ

立体ディスプレイ UPDATE コモンズ 新技術説明会 外国出願あり

国内特許コード P190016121
整理番号 14-008
掲載日 2019年6月13日
出願番号 特願2014-136200
公開番号 特開2016-014742
登録番号 特許第6060417号
出願日 平成26年7月1日(2014.7.1)
公開日 平成28年1月28日(2016.1.28)
登録日 平成28年12月22日(2016.12.22)
発明者
  • 吉田 俊介
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 立体ディスプレイ UPDATE コモンズ 新技術説明会 外国出願あり
発明の概要 【課題】正確な立体画像を容易に表示可能な立体ディスプレイを提供する。
【解決手段】光線制御子7において、光透過拡散層72と光反射層71とが互いに積層される。光透過拡散層72が回転中心軸と光反射層71との間に位置するように光線制御子7が配置される。光線発生器2が回転モジュール6により回転される光透過拡散層72に向けて複数の光線からなる光線群を出射する。光透過拡散層72は、光線群を垂直方向において拡散させて透過させる。光反射層71は、光透過拡散層72を透過した光線群を反射する。立体形状データに基づいて、光反射層71により反射されて光透過拡散層72を透過した光線群により立体画像300が提示されるように光線発生器2が制御装置3により制御される。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

立体画像を提示する種々の立体ディスプレイが開発されている(例えば特許文献1参照)。立体ディスプレイでは、一般に、スクリーンの前方または上方等の空間に立体画像が提示される。

特許文献1に記載された立体ディスプレイは、錐体形状の光線制御子を有する。光線制御子は、その錐体形状の底部が基準面上に開口するように配置される。基準面の下方に複数の走査型プロジェクタが固定された回転台が設けられる。各走査型プロジェクタは、回転軸を中心に回転台上で回転しつつ、光線制御子の外側から複数の光線からなる光線群を光線制御子の外周面に照射する。光線制御子は、各走査型プロジェクタにより照射された各光線を周方向において拡散させずに透過させる。それにより、錐体形状の光線制御子の上方および内部に立体画像が表示される。

産業上の利用分野

本発明は、立体画像を提示する立体ディスプレイに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
立体形状データに基づいて立体画像を提示するための立体ディスプレイであって、
複数の光線からなる光線群を出射する光線発生器と、
互いに積層された光透過拡散層と光反射層とを含む光線制御子と、
前記光透過拡散層と前記光反射層とが一体的に回転するように前記光線制御子を回転中心軸の周りで回転させる回転機構と、
前記光線発生器を制御する制御部とを備え、
前記光線制御子は、前記光透過拡散層が前記回転中心軸と前記光反射層との間に位置するように配置され、
前記光線発生器は、前記回転機構により回転される前記光線制御子の前記光透過拡散層に向けて光線群を出射するように設けられ、
前記光透過拡散層は、入射する光線群を垂直方向において拡散させて透過させるように形成され、
前記光反射層は、前記光透過拡散層を透過した光線群を反射するように形成され、
前記制御部は、前記立体形状データに基づいて、前記光反射層により反射されて前記光透過拡散層を透過した光線群により立体画像が提示されるように前記光線発生器を制御する立体ディスプレイ。

【請求項2】
前記回転機構は、前記光線制御子とともに前記光線発生器を前記回転中心軸の周りで回転させる、請求項1記載の立体ディスプレイ。

【請求項3】
前記光線制御子は複数設けられ、
前記光線発生器は、前記複数の光線制御子にそれぞれ対応して複数設けられ、
前記複数の光線発生器は、それぞれ対応する光線制御子に向けて光線群を出射するように設けられる、請求項2記載の立体ディスプレイ。

【請求項4】
前記複数の光線制御子および前記複数の光線発生器は、前記回転中心軸を中心に等角度間隔で配置される、請求項3記載の立体ディスプレイ。

【請求項5】
前記光線発生器は、前記回転中心軸の方向に光線群を出射するように配置され、
前記光線発生器により出射された光線群を前記光線制御子に向けて反射するミラーがさらに設けられ、
前記回転機構は、前記ミラーを前記光線制御子とともに前記回転中心軸の周りで回転させる、請求項1記載の立体ディスプレイ。

【請求項6】
観察者の眼の位置を検出する検出部をさらに備え、
前記制御部は、前記検出部により検出された眼の位置に基づいて、前記光線発生器を制御する、請求項1~5のいずれか一項に記載の立体ディスプレイ。

【請求項7】
前記制御部は、前記光線発生器により前記光線制御子に出射される光線の色を前記光線制御子の回転位置ごとに制御する、請求項1~6のいずれか一項に記載の立体ディスプレイ。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014136200thum.jpg
出願権利状態 登録
※ ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close