Top > Search of Japanese Patents > RECTIFIER

RECTIFIER

Patent code P190016123
File No. H18-095
Posted date Jun 14, 2019
Application number P2006-252561
Publication number P2008-075258A
Patent number P4826404
Date of filing Sep 19, 2006
Date of publication of application Apr 3, 2008
Date of registration Sep 22, 2011
Inventor
  • (In Japanese)羽田野 袈裟義
  • (In Japanese)中島 俊之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title RECTIFIER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a rectifier capable of preventing the occurrence of an overflow by suppressing the increase of a liquid level in a channel, particularly, in a bent portion.
SOLUTION: A plurality of horizontal plates (10A-10C) are provided. The horizontal plates 10 are integrated together by a plurality of supporting portions 11, and the horizontal plates 10 and the supporting portions 11 are fixed to the bottom of a waterway 2 by means of an installation plate 12. The plurality of horizontal plates 10 are horizontally arranged at predetermined vertical intervals in parallel with the installation plate 12. Even if rainwater is concentrated upon the bent portion 2A of the waterway 2, the eddy and wave motion of water are forcedly straightened by the horizontal plates 10, and the local increase of the liquid level is suppressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

排水路などの水路では、時間雨量が多く、雨水の流入が集中した場合、流速が速いために、許容水量内であっても、流路の向きが変化する屈曲部において流れに渦や波動、空気の巻き込みが生じる。このため局所的な液面上昇を引き起し、水路から水が溢れ浸水被害が発生することがある。このようなことは流路幅が急に狭まる箇所においても起こりうるものであり、全国のいたるところで発生している。

その対策として、水路全体または水路の要所に流れを減勢するための構造を設けるという提案がなされている(例えば特許文献1など)。
【特許文献1】
特開2001-3437

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、流路の向きが変化する屈曲部などの液面が上昇する可能性のある箇所において、液体の乱れを整え、溢流を抑えるための整流装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
液体流路の向きが水平方向に変化する屈曲部に設けられる整流装置であって、
前記液体流路の底面に対して平行に、かつ上下に所定の間隔をおいて設置される複数の水平板と、
前記複数の水平板を液体流路に固定する固定手段と
を備えたことを特徴とする整流装置。

【請求項2】
 
前記複数の水平板のうちの最上段以外の水平板はそれぞれ上下に貫通する複数の孔を有する
ことを特徴とする請求項1に記載の整流装置。

【請求項3】
 
前記複数の水平板に垂直に、かつ液体流路に沿って垂直板が配置されている
ことを特徴とする請求項1または2に記載の整流装置。

【請求項4】
 
前記複数の水平板は、前記屈曲部の前後にわたって配置されている
ことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれか1項に記載の整流装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006252561thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close