Top > Search of Japanese Patents > THERMOELECTRIC CONVERSION DEVICE

THERMOELECTRIC CONVERSION DEVICE meetings

Patent code P190016132
Posted date Jun 18, 2019
Application number P2017-089924
Publication number P2018-190780A
Date of filing Apr 28, 2017
Date of publication of application Nov 29, 2018
Inventor
  • UCHIDA KENICHI
  • DAIMON SHUNSUKE
  • IGUCHI AKIRA
  • SAITO EIJI
Applicant
  • Tohoku University
  • National Institute for Materials Science
Title THERMOELECTRIC CONVERSION DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a thermoelectric conversion device capable of executing electronic cooling and electronic heating using a single substance with no junction interface for a wide application range.
SOLUTION: The thermoelectric conversion device includes: a magnetic substance 11; current application means 12 provided to apply an electric current to the magnetic substance 11, and is configured to establish a plurality of regions in which relative angles to a magnetization direction and a current direction are different, inside the magnetic substance 11 when an electric current is applied to the magnetic substance 11 by the current application means 12.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の熱電変換装置は、ペルチェ素子などによるゼーベック効果やペルチェ効果を利用して電子冷却や電子加熱等を行っている(例えば、特許文献1または2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、熱電変換装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁性体と、
前記磁性体に電流を印加可能に設けられた電流印加手段とを有し、
前記電流印加手段で前記磁性体に電流を印加したとき、前記磁性体の内部で、磁化の向きと前記電流の向きとの相対角度が異なる領域が複数存在するよう構成されていることを
特徴とする熱電変換装置。

【請求項2】
 
前記電流を印加したとき、前記磁性体の隣り合う領域の間で、前記磁化の向きおよび前記電流の向きのうちの少なくともいずれか一方が異なるよう構成されていることを特徴とする請求項1記載の熱電変換装置。

【請求項3】
 
前記磁性体は、隣り合う領域の間で異なる向きの磁化を有していることを特徴とする請求項1または2記載の熱電変換装置。

【請求項4】
 
前記磁性体の一部または全体が磁化されるよう、前記磁性体に磁場を印加可能に設けられた磁場印加手段を有することを特徴とする請求項1または2記載の熱電変換装置。

【請求項5】
 
前記磁性体は、前記電流の向きが変化するよう、前記電流が流れる電流路に沿って曲がった形状を成し、
前記磁場印加手段は、前記磁性体の全体が一定の方向に磁化されるよう前記磁場を印加可能に設けられていることを
特徴とする請求項4記載の熱電変換装置。

【請求項6】
 
前記磁場印加手段は、前記磁性体の一部が磁化されるよう前記磁場を印加可能に設けられていることを特徴とする請求項4記載の熱電変換装置。

【請求項7】
 
前記磁性体は単一の物質から成ることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の熱電変換装置。

【請求項8】
 
前記磁性体は、強磁性体、フェリ磁性体または反強磁性体から成ることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の熱電変換装置。

【請求項9】
 
前記磁性体は、ニッケルまたは、ニッケルを40wt%以上含む合金から成ることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の熱電変換装置。

【請求項10】
 
前記磁性体は、ニッケルまたは、ニッケルを40wt%以上含むNi-Fe合金から成ることを特徴とする請求項1乃至7のいずれか1項に記載の熱電変換装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017089924thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) Spin Caloritronics Group,
Research Center for Magnetic and Spintronic Materials,
National Institute for Materials Science
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close