TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > 金属錯体及び金属錯体の製造方法

金属錯体及び金属錯体の製造方法 (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P190016136
整理番号 P17-076
掲載日 2019年6月18日
出願番号 特願2018-128370
出願日 平成30年7月5日(2018.7.5)
発明者
  • 古山渓行
  • 島崎史佳
  • 前多肇
  • 千木昌人
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 金属錯体及び金属錯体の製造方法 (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 700~1000 nm程度の近赤外光を強く吸収しながら、電気特性などを制御できるテーラーメード性を持つ有機ルテニウム錯体は現状ほとんど例がない。本技術は、入手容易な原料を用いて、それらを混合・加熱するのみの簡便な手法により、近赤外光を強く吸収する新規ルテニウム錯体群を提供するものである。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close