Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)神経障害性疼痛の医薬組成物

(In Japanese)神経障害性疼痛の医薬組成物 (Patent unpublished to the public) meetings

Patent code P190016137
File No. P18-008
Posted date Jun 18, 2019
Application number P2018-142564
Date of filing Jul 30, 2018
Inventor
  • (In Japanese)尾﨑紀之
  • (In Japanese)奥田洋明
  • (In Japanese)Kwankaew Nichakarn
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title (In Japanese)神経障害性疼痛の医薬組成物 (Patent unpublished to the public) meetings
Abstract (In Japanese)現在、およそ5人に1人が腰痛や関節痛など慢性的な痛みに悩んでいるといわれている。マウスを用いた慢性痛のモデルにおいて、着色料としても用いられる食用ビート成分ベタニンの投与により痛覚過敏の改善が認められた。ベタニンは慢性痛に対するサプリメントおよび治療薬の開発に応用できる可能性があると考える。
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close