Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)魚類の飼育方法

(In Japanese)魚類の飼育方法 meetings

Patent code P190016139
File No. P18-066
Posted date Jun 18, 2019
Application number P2008-001797
Publication number P2009-159905A
Patent number P4976313
Date of filing Jan 9, 2008
Date of publication of application Jul 23, 2009
Date of registration Apr 20, 2012
Inventor
  • (In Japanese)坂井 勝信
  • (In Japanese)松原 創
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title (In Japanese)魚類の飼育方法 meetings
Abstract (In Japanese)
【課題】
 海産魚の活魚水槽や陸上養殖を行う循環水槽において、薬剤に代わる安全で効果的なカビや寄生虫の駆除手段を提供する。
【解決手段】
 海水に対してエピガロカテキンを0.5~1.2ppmの重量比で混合し、この海水中で魚類を飼育する魚類の飼育方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)海産魚の活魚水槽や陸上養殖を行う循環水槽は、同じ海水を循環させて使用しているために、海水が酸化したり、外部から侵入した雑菌・寄生虫・カビ等が水槽の中で繁殖して海産魚に大きなダメージを与えたりしていた。特に、循環水槽での陸上養殖においては、海水を殺菌しても寄生虫を駆除することができないために、従来は劇薬のホルマリンを使用して寄生虫を駆除していた。

最近では、ホルマリンの使用禁止により、マリンサワー等の寄生虫駆除剤が使用されて
いるが、特にふぐ養殖においては、寄生虫のヘテロボツリウムに対して余り効果がなく、安全で効果的な寄生虫の駆除手段がないのが現状である。

一方、サケ・マス等の淡水での養殖においては、薬剤に代わる魚類のミズカビ病を防止する組成物として、カテキン、ガロカテキン、ガロカテキンガレート、エピカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレートからなるポリフェノール類を含有するミズカビ病防止組成物が知られている(例えば、特許文献1参照)。
Field of industrial application (In Japanese)本発明は、カビや寄生虫を駆除した魚類の飼育方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
海水に対してエピガロカテキンを0.5~1.2ppmの重量比で混合し、この海水中で魚類を飼育する魚類の飼育方法であって、前記海水の塩分濃度が5~35‰であり、前記海水を浄化する手段を備え、着色したエピガロカテキン含有物質を海水に投入混合し、着色された海水が透明になる毎に着色したエピガロカテキン含有物質を投入混合するようにしたことを特徴とする魚類の飼育方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close