Top > Search of Japanese Patents > DISCRIMINATION METHOD OF EPINEPHELUS FUSCOGUTTATUS HAVING GROWTH HERITAGE

DISCRIMINATION METHOD OF EPINEPHELUS FUSCOGUTTATUS HAVING GROWTH HERITAGE

Patent code P190016144
File No. S2016-0497-N0
Posted date Jun 24, 2019
Application number P2016-132224
Publication number P2018-000116A
Date of filing Jul 4, 2016
Date of publication of application Jan 11, 2018
Inventor
  • (In Japanese)坂本 崇
  • (In Japanese)尾崎 照遵
  • (In Japanese)カノンポーン・ケシュワン
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
  • (In Japanese)デパートメント オブ フィッシャリーズ ミニストリー オブ アグリカルチャー アンド コーペレイティブズ
Title DISCRIMINATION METHOD OF EPINEPHELUS FUSCOGUTTATUS HAVING GROWTH HERITAGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide methods capable of discriminating fish having a high growth trait without killing the individual by developing a high growth marker for Epinephelus fuscoguttatus.
SOLUTION: We made a genetic map of Epinephelus fuscoguttatus using a genetic marker developed for Epinephelus bruneus and analyzed QTL for the gene marker in large body weight (BW) groups and small BW groups of cultured Epinephelus fuscoguttatus, and found out six main genetic markers which affect a growth heritage. Provided is a genetic marker for discriminating Epinephelus fuscoguttatus having a growth heritage, the genetic marker consisting of a polynucleotide having a nucleic acid sequence having a microsatellite sequence of DNA marker locus sequences or partial sequences thereof which found out at that time.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ハタ科魚類は一般に市場価値が高く、ハタ科の魚であるアカマダラハタは、東南アジア諸国で盛んに養殖されている。アカマダラハタの養殖においては、市場に出荷できるサイズになるまで2年程度の長時間を要している。
発明者らは、既に、ニジマス(Oncorhynchus mykiss)とクエ(Kelp Grouper / Epinephelus bruneus)のマイクロサテライトを用いて作成した連鎖地図とこれを用いた成長性遺伝形質のQTL解析の結果を発表している(非特許文献1、2等)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、高成長性の遺伝的形質(以下「成長性遺伝形質」という。)を有するアカマダラハタ(Tiger Grouper / Epinephelus fuscoguttatus)を識別する方法に関し、より詳細には、特定のDNAマーカー(以下「遺伝マーカー」又は「MSマーカー」ともいう。)を用いて成長性遺伝形質を有するアカマダラハタを識別する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記(1)~(6)のいずれかのDNAマーカー座配列又はその部分配列であって、そのマイクロサテライト配列を有する塩基配列を有するポリヌクレオチドから成る、成長性遺伝形質を有するアカマダラハタを識別するための遺伝マーカー。
(1)連鎖群12上のDNAマーカー座Ebr00010FRA(配列番号1)(その487~534位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(2)連鎖群12上のDNAマーカー座Ebr00935FRA(配列番号2)(その131~162位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(3)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr00846FRA(配列番号3)(その173~206位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(4)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr00924FRA(配列番号4)(その321~344位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(5)連鎖群21上のDNAマーカー座CfuSTR210(配列番号5)(その106~127位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(6)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr01255FRA(配列番号6)(その113~136位がマイクロサテライト配列に相当する。)

【請求項2】
 
アカマダラハタ、その卵又はそれらの加工品から抽出したDNAについて、請求項1に記載の遺伝マーカーを検出することから成る、アカマダラハタの成長性遺伝形質を識別する方法。

【請求項3】
 
下記工程から成る成長性遺伝形質を有するアカマダラハタの識別方法。
1)アカマダラハタ、その卵又はそれらの加工品から抽出したDNAについて、請求項1に記載の遺伝マーカーであるポリヌクレオチドを増幅する工程、
2)別途継代飼育の結果、成長性遺伝形質を有すると認められる系統のアカマダラハタについて、上記1)と同じ工程を実施する工程、及び
3)1)と2)の工程の増幅結果を比較し、これらが一致する場合に、アカマダラハタが成長性遺伝形質を有すると識別する工程

【請求項4】
 
工程3)において、比較するポリヌクレオチドのサイズが一致する場合に、アカマダラハタが成長性遺伝形質を有すると識別する請求項3に記載の方法。

【請求項5】
 
下記(1)~(6)のいずれかのDNAマーカー座配列中の連続する少なくとも18個の塩基から成るオリゴヌクレオチドであって、そのマイクロサテライト配列を挟む2つの塩基配列のうち、一方の塩基配列から成るポリヌクレオチド、及び他方の塩基配列から成るオリゴヌクレオチドに相補的なオリゴヌクレオチド、又はこれらに相補的な配列の2つのオリゴヌクレオチドから成るPCR用プライマー。
(1)連鎖群12上のDNAマーカー座Ebr00010FRA(配列番号1)(その487~534位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(2)連鎖群12上のDNAマーカー座Ebr00935FRA(配列番号2)(その131~162位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(3)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr00846FRA(配列番号3)(その173~206位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(4)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr00924FRA(配列番号4)(その321~344位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(5)連鎖群21上のDNAマーカー座CfuSTR210(配列番号5)(その106~127位がマイクロサテライト配列に相当する。)
(6)連鎖群21上のDNAマーカー座Ebr01255FRA(配列番号6)(その113~136位がマイクロサテライト配列に相当する。)

【請求項6】
 
アカマダラハタが成長性遺伝形質を有するか否かを識別するための診断キットであって、請求項5に記載のPCR用プライマーを含むキット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close