TOP > 国内特許検索 > 魚病の予防及び治療剤

魚病の予防及び治療剤 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会

国内特許コード P190016157
整理番号 P18-049
掲載日 2019年6月27日
出願番号 特願2019-117995
出願日 令和元年6月26日(2019.6.26)
発明者
  • 木谷洋一郎
  • 小坂優斗
  • 鈴木信雄
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 魚病の予防及び治療剤 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会
発明の概要 魚も病気にかからないための仕組みを持つ。その一つである抗菌酵素「L-アミノ酸オキシダーゼ(LAO)」は過酸化水素を産生し抗菌作用を示すが、通常LAOは不活化している。この発明はLAOの活性制御機構を効率的に行う方法であり、これにより任意のタイミングで魚病を防ぐことが可能となる。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close