Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONTINUUM LIGHT SOURCE

SUPERCONTINUUM LIGHT SOURCE commons

Patent code P190016171
File No. NU-2019PR-1
Posted date Jul 1, 2019
Application number P2015-189265
Publication number P2017-067804A
Date of filing Sep 28, 2015
Date of publication of application Apr 6, 2017
Inventor
  • (In Japanese)西澤 典彦
  • (In Japanese)宮地 光彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
  • (In Japanese)NU-Rei株式会社
Title SUPERCONTINUUM LIGHT SOURCE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To stabilize an output of supercontinuum light and spectrum thereof.
SOLUTION: As shown in Fig. 1, a supercontinuum light source includes: a fiber laser 10; a fiber amplifier 20 that amplifies a soliton pulse from the fiber laser 10; a polarization holding type wavelength shift fiber 30; and a polarization holding type high non-linear optical fiber 40 that causes a non-linear optical effect to convert the soliton pulse from the wavelength shift fiber 30 to supercontinuum light, and outputs the supercontinuum light. The fiber amplifier 20 is provided with a polarization holding type EDF 23 having normal dispersion characteristics. Use of the EDF 23 with such the characteristic allows the soliton pulse to be amplified up to sufficient intensity with a polarization plane and pulse waveform retained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

超短パルス光を高非線形光ファイバーに導入し、スーパーコンティニュアム光を発生させるスーパーコンティニュアム光源が知られている(たとえば特許文献1)。スーパーコンティニュアム光の波長帯域は数百nmに及ぶ。このような広帯域光は、光断層計測や分光計測などの先端光計測分野において非常に有用である。

また、特許文献2には、正常分散の偏波保持型EDF(エルビウムドープファイバー)が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、広範囲に連続したスペクトルを有したパルス光であるスーパーコンティニュアム光源に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
スーパーコンティニュアム光を生成する光源であって、
励起光源と、前記励起光源からの連続光を入力するループ状に構成された第1の希土類ドープ光ファイバーとを有し、ループ状の光路中にカーボンナノ構造体を分散させたフィルムが挿入され、前記連続光を一方向に巡回させて、前記カーボンナノ構造体による可飽和特性を用いてパルスを発生させて出力するファイバーレーザーと、
前記ファイバーレーザーの出力する前記パルスを入力し、そのパルスを増幅する第2の希土類ドープファイバーを備えたファイバー増幅器と、
前記ファイバー増幅器の出力するパルスの中心波長を長波長側にシフトさせる偏波保持型の波長シフトファイバーと、
前記波長シフトファイバーの出力するパルスを入力して、非線形光学効果により、スーパーコンティニュアム光に変換する正常分散特性を有する高非線形光ファイバーと、
を有し、
前記第2の希土類ドープファイバーは、正常分散特性を有し、かつ偏波保持型である、
ことを特徴とするスーパーコンティニュアム光源。

【請求項2】
 
前記ファイバー増幅器、前記波長シフトファイバー、および前記高非線形光ファイバーを内部に保持し、その内部の温度を一定に保持する温度コントローラをさらに有する、ことを特徴とする請求項1に記載のスーパーコンティニュアム光源。

【請求項3】
 
前記ファイバー増幅器は、前記高非線形光ファイバーが出力するスーパーコンティニュアム光の強度に基づき、励起光の強度を制御する、ことを特徴とする請求項1または請求項2に記載のスーパーコンティニュアム光源。

【請求項4】
 
前記第2の希土類ドープファイバーの分散値β2 は、前記ファイバーレーザーの出力するパルスの中心波長において0ps2 /kmより大きく+65ps2 /km以下である、ことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれか1項に記載のスーパーコンティニュアム光源。

【請求項5】
 
前記スーパーコンティニュアム光は、中心波長が1.5μm以上1.9μm以下である、ことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載のスーパーコンティニュアム光源。

【請求項6】
 
前記パルスは、ソリトンパルスであることを特徴とする請求項1ないし請求項5のいずれか1項に記載のスーパーコンティニュアム光源。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015189265thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close