Top > Search of Japanese Patents > TOPICAL INJECTION NEEDLE

TOPICAL INJECTION NEEDLE

Patent code P190016185
File No. 47-2017-002
Posted date Jul 11, 2019
Application number P2017-213187
Publication number P2019-083907A
Date of filing Nov 2, 2017
Date of publication of application Jun 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)田代 圭太郎
  • (In Japanese)青柳 誠司
  • (In Japanese)鈴木 啓太
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大阪医科薬科大学
  • (In Japanese)学校法人関西大学
  • (In Japanese)株式会社ナノ・グレインズ
Title TOPICAL INJECTION NEEDLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a topical injection needle capable of appropriately executing localized injection in a submucosal layer under microscopic observation.
SOLUTION: A topical injection needle 1 includes: a tubular insertion part 10; a needle tube 20 inserted into the insertion part 10 so as to advance or retreat; and a tissue holding part 30 inserted into the insertion part 10 so as to advance or retreat, which includes two or more holding members 31a, 31b, 32a, and 32b whose respective tips are brought close to each other or separated from each other by protruding or retracting from the insertion part 10. The center of a holding range A1 of the tissue holding part 30 is located on a central axis X of the needle tube 20, and gripping claws 35A, 35B, 35C, and 35D provided to the tip of the holding members 31a, 31b, 32a, and 32b extend in a direction not opposed to the other gripping claws.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

内視鏡観察下で、組織に対して液体が注入されることがある。例えば、内視鏡下粘膜下層切除術(ESD)において、切除対象となる粘膜上の病変を筋層から離間させるために、粘膜下層に生理食塩水やヒアルロン酸などが注入される。また、粘膜下層に墨汁を注入する点墨という手技により、腹腔鏡手術や開腹手術等の際に腹腔側から認識できるように病変の位置を示すことが知られている。

胃や腸の壁の厚みは1センチメートルに満たないため、簡単に注射針が貫通してしまう。注射針が貫通すると、組織内に液体を注入できないため、胃壁や腸壁に対する局所注射(局注)は、繊細な操作が必要とされる難度の高い手技である。

組織に局注を行うための医療機器として、特許文献1に記載の薬液注入用カテーテルが知られている。このカテーテルは、薬液注入部位を把持可能な先端部を有する複数の把持用部材を備えている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、内視鏡下で使用される局所注射針に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管状の挿入部と、
前記挿入部に進退可能に挿通された針管と、
前記挿入部に進退可能に挿通され、前記挿入部から突没することにより互いの先端部が接近および離間する2以上の把持部材を有する組織把持部と、
を備え、
前記組織把持部の把持範囲の中心は前記針管の中心軸上に位置し、
前記把持部材の先端部に設けられた把持爪は、他の把持爪と正対しない方向に延びている、
局所注射針。

【請求項2】
 
前記把持部材の先端部は、その延長線が前記針管の中心軸を通らない方向に延びている、請求項1に記載の局所注射針。

【請求項3】
 
前記組織把持部は前記挿入部内に配置された操作パイプに固定されており、前記針管が前記操作パイプに挿通されている、請求項1または2に記載の局所注射針。

【請求項4】
 
前記把持部材のうち少なくとも2つは、一本の線材を中間部で折り返して形成されている、請求項1から3のいずれか一項に記載の局所注射針。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017213187thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close