Top > Search of Japanese Patents > OPERATION METHOD OF CIRCULATION DEVICE, AND LOOP SEAL

OPERATION METHOD OF CIRCULATION DEVICE, AND LOOP SEAL

Patent code P190016207
File No. S2018-0148-N0
Posted date Jul 25, 2019
Application number P2017-232765
Publication number P2019-098261A
Date of filing Dec 4, 2017
Date of publication of application Jun 24, 2019
Inventor
  • (In Japanese)野田 玲治
  • (In Japanese)上原 巧
  • (In Japanese)金子 稚菜
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title OPERATION METHOD OF CIRCULATION DEVICE, AND LOOP SEAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce variation of particle circulation rate even with changing layer height difference in a circulation layer.
SOLUTION: There is provided an operation method of a circulation device in which particles move between a first flow layer and a second flow layer, for periodically supplying a gas supplied for promoting movement of the particles to a loop seal arranged between the first flow layer and the second flow layer. There is provided the loop seal arranged between the first flow layer and the second flow layer of the circulation device in which the particles move between the first flow layer and the second flow layer, and having a downcomer part, which is arranged in a side of the first flow layer and is a passage through which particles is introduced from the first flow layer, a riser part which is arranged in a side of the second flow layer and is a passage through which particles is discharged to the second flow layer, a particle pool part which is arranged in the side of the second flow layer and under the riser part, and a blow port for supplying a gas to the particle pool part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

粒子を複数の層の間で移動させる循環流動層を含む循環流動装置がある。循環流動層では高温(例えば、数十℃から数百℃程度)で使用されるため、層と層との間において、消耗の多い機械的な弁ではなく、非機械的バルブ弁が使用される。循環流動装置において、循環流動層は、粒子を導入する入口流動層と粒子を排出する出口流動層と2つの層の間で粒子を移動させるループシールとを備える。入口流動層と出口流動層との間は、平面状の仕切り板で仕切られている。ループシールは、入口流動層と出口流動層との間の仕切り板の開口部に設けられる。入口流動層に投入された粒子は、入口流動層と出口流動層との間に配置されるループシールによって出口流動層に送られる。循環流動装置の動作中、入口流動層及び出口流動層には、それぞれ、下部から空気が流され、各層内で粒子は流動化している。入口流動層には粒子が導入され、出口流動層からは粒子が排出される。ループシールの役割は、空気と粒子とを一方向(入口流動層から出口流動層への方向)に流すことである。ループシールは、粒子を出口流動層に排出するライザーと、ライザーに粒子を流すダウンカマーとを含む。ダウンカマーには、入口流動層の粒子が入る。また、ループシールは、空気(ガス)の吹込口を備え、内部に空気(ガス)を吹き込む速度(ガス流速)を調節することで、粒子の循環を行う。ループシールにおける逆流は望ましくない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、循環流動装置の動作方法、および、ループシールに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1流動層と第2流動層との間で粒子が移動する循環流動装置の動作方法であって、
前記第1流動層と前記第2流動層との間に設けられるループシールに、前記粒子の移動を促進するために供給されるガスを周期的に供給する、
循環流動装置の動作方法。

【請求項2】
 
前記ループシールに周期的に供給されるガスの周波数は、0.5Hz以下である、
請求項1に記載の循環流動装置の動作方法。

【請求項3】
 
第1流動層と第2流動層との間で粒子が移動する循環流動装置の前記第1流動層と前記第2流動層との間に設けられるループシールであって、
前記第1流動層側に設けられ、前記第1流動層から粒子が導入される通路であるダウンカマー部と、
前記第2流動層側に設けられ、前記第2流動層に粒子が排出される通路であるライザー部と、
前記第2流動層側であり前記ライザー部の下方に設けられる粒子溜まり部と、
前記粒子溜まり部にガスを供給する吹込口と、
を備えるループシール。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017232765thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close