Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)川崎病の検査方法および試験片

(In Japanese)川崎病の検査方法および試験片

Patent code P190016225
File No. (S2016-1017-N0)
Posted date Jul 26, 2019
Application number P2018-532985
Date of filing Aug 3, 2017
International application number JP2017028236
International publication number WO2018030270
Date of international filing Aug 3, 2017
Date of international publication Feb 15, 2018
Priority data
  • P2016-156241 (Aug 9, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)堀内 弥生
  • (In Japanese)森 雅亮
  • (In Japanese)平野 久
  • (In Japanese)齋藤 洋子
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
Title (In Japanese)川崎病の検査方法および試験片
Abstract (In Japanese)川崎病を迅速、簡便に検査する方法および試験片を提供する。
被験者由来の検体中のリポ多糖結合タンパク質(LBP)及びロイシンリッチα2-グリコプロテイン(LRG1)のレベルを測定することを特徴とする川崎病の検査方法。抗LBP抗体が固定化されている担体及び抗LRG1抗体が固定化されている担体を含む、イムノクロマト法により川崎病を検出するための試験片。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

川崎病は主に4歳以下の乳幼児にみられる急性熱性発疹性疾患であり、病態の主体は全身血管炎である。川崎病の診断は複数の主要症状(1.5日以上続く発熱 、2.両側眼球結膜の充血 、3.口唇発赤、苺舌、4.不定形発疹 、5.急性期の手指の硬性・手掌および足底紅斑、解熱後の膜様落屑、6.頸部の非化膿性リンパ節腫脹)の出現により行われている(川崎病診断の手引き)。血液検査では、白血球数・C反応性タンパク質・肝細胞逸脱酵素の上昇、赤沈の亢進、白血球分画(好中球比率)等を調べ、断層心エコー法や心血管造影法による冠状動脈病変の確認なども行われている。

川崎病は自然に軽快する疾患ではあるが、無治療で経過した場合に25~30%の患者に冠状動脈病変に代表される心合併症が生じる。そのため、川崎病では発症早期に治療を開始し、炎症を鎮静化することが重要であり、一日でも有熱期間を短縮するとともに、心合併症の発生を防ぐことが必要である。しかし、川崎病は病因や発症メカニズムについては未だ不明であり、特異的診断検査はなく、主要症状についても個人差があり、診断基準を満たさない例も多数存在する。そのため、川崎病の迅速な確定診断は難しい。

また、川崎病の診断に関する特許としては、血中のVEGF(血管内皮増殖因子:vascular endothelial growth factor)濃度を測定する方法(特許文献1:特開平11-6832)、1又は複数のスーパー抗原に対するIgMを測定する方法(特許文献2:特開平3-139294)、その他、遺伝子多型の調査(特許文献3:特開2009-72193)などがあるが、臨床の現場で実際に活用されているものはまだない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、川崎病の検査方法および試験片に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験者由来の検体中のリポ多糖結合タンパク質(LBP)及びロイシンリッチα2-グリコプロテイン(LRG1)のレベルを測定することを特徴とする川崎病の検査方法。

【請求項2】
 
LBPのレベル及びLRG1のレベルが、それぞれ、所定の値より高い場合に、川崎病に罹患している可能性が高いと判定し、また、所定の値より低い場合に、川崎病に罹患している可能性が低いと判定する請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
被験者由来の検体が、血清、全血又は血漿である請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
前記LBPのレベル及びLRG1のレベルの測定が、イムノクロマトグラフ法であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の川崎病の検査方法。

【請求項5】
 
抗LBP抗体が固定化されている担体及び抗LRG1抗体が固定化されている担体を含む、イムノクロマト法により川崎病を検出するための試験片。

【請求項6】
 
抗LBP抗体が固定化されている担体と抗LRG1抗体が固定化されている担体とが、同じ試験片に含まれる請求項5記載の試験片。

【請求項7】
 
抗LBP抗体が固定化されている担体と抗LRG1抗体が固定化されている担体とが、別々の試験片に含まれる請求項5記載の試験片。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018532985thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close