TOP > 国内特許検索 > 蛍光標識薬、プローブ及びその中間体

蛍光標識薬、プローブ及びその中間体 (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P190016286
整理番号 H30-S03
掲載日 2019年8月22日
出願番号 特願2019-002254
出願日 平成31年1月10日(2019.1.10)
発明者
  • 友廣岳則
  • 中島大海
出願人
  • 国立大学法人富山大学
発明の名称 蛍光標識薬、プローブ及びその中間体 (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 光照射で瞬時に標的タンパク質を共有結合で捕らえ(クロスリンク)、蛍光標識のみを付与する技術。光標識試薬自体がクマリン誘導体に変化する。小型で安定なので、LC-MS/MS質量解析に極めて有利である。
未公開特許については、上記項目についてのみ公開しています。ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close