Top > Search of Japanese Patents > DRIVE CONTROL METHOD OF OBJECTIVE LENS AND FLUORESCENCE MICROSCOPE SYSTEM

DRIVE CONTROL METHOD OF OBJECTIVE LENS AND FLUORESCENCE MICROSCOPE SYSTEM meetings foreign

Patent code P190016294
File No. 08183
Posted date Aug 23, 2019
Application number P2013-175477
Publication number P2015-045684A
Patent number P6143098
Date of filing Aug 27, 2013
Date of publication of application Mar 12, 2015
Date of registration May 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)中野 明彦
  • (In Japanese)市原 昭
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所
Title DRIVE CONTROL METHOD OF OBJECTIVE LENS AND FLUORESCENCE MICROSCOPE SYSTEM meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a drive control method of an objective lens with which the correction of the chromatic aberration of an optical axis can be performed by the drive of the objective lens, and the quick drive and stop of the objective lens can be realized to achieve quick photographing and quick acquisition of a three-dimensional image.
SOLUTION: There is provided a drive control method of an objective lens 25 that is included in a fluorescence microscope 2, and driven by a piezo actuator 26. The drive control method includes: a first step of applying, to the piezo actuator 26, a pulse voltage larger than a displacement voltage for moving the objective lens 25 to a focal position of an observation object for a predetermined time until the objective lens 25 is moved to in front of the focal position; and a second step of applying the displacement voltage to the piezo actuator 26 after the first step to statically stop the objective lens 25.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

蛍光顕微鏡は、観察対象となる試料から発せられる蛍光を観察する顕微鏡であり、生物学や医学等、様々な分野で用いられている。

観察対象が細胞内の蛋白質である場合に蛍光顕微鏡を用いるときは、この蛋白質を蛍光顕微鏡により観察可能とするため、蛍光蛋白質(以下「マーカー」とも言う。)であるGFP(Green Fluorescent Protein)、RFP(Red Fluorescent Protein)、BFP(Blue Fluorescent Protein)等が遺伝子工学的手法や免疫学的手法を用いて観察対象の蛋白質に付加される、いわゆるマーキングが行われる(例えば、特許文献1参照)。

そして、蛍光蛋白質の種類に応じた波長の励起光を照射し、その蛍光蛋白質から発せられる蛍光を観察、撮影することで、蛍光蛋白質を介する試料の観察が行われている。励起光の光源としては、レーザー光源(Ar、Ar-Kr、He-Ne、He-Cd、半導体等)、超高圧水銀灯、キセノンランプ、紫外線LED等の光源が用いられている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、蛍光顕微鏡等に用いられる対物レンズの駆動制御方法及びそれを用いた蛍光顕微鏡システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
蛍光顕微鏡に備えられピエゾアクチュエータにより駆動される対物レンズに生じる光軸色収差の補正方法であって、
前記ピエゾアクチュエータに対し、前記対物レンズを観察対象の焦点位置に移動させる変位電圧よりも大きいパルス電圧を、前記対物レンズが前記焦点位置の手前まで移動する所定時間印加する第1工程と、
前記第1工程後に前記変位電圧を前記ピエゾアクチュエータに印加し前記対物レンズを静定させる第2工程と、
を有することを特徴とする対物レンズの駆動制御方法。

【請求項2】
 
前記第1工程において、前記パルス電圧として前記変位電圧の逓倍の電圧が印加されることを特徴とする請求項1記載の対物レンズの駆動制御方法。

【請求項3】
 
光源と、
前記光源から発せられる光線を観察対象に導く対物レンズと、
前記対物レンズを光軸方向に駆動するピエゾアクチュエータと、
前記対物レンズを前記観察対象の焦点位置に移動させる変位を生じる変位電圧よりも大きいパルス電圧を、前記対物レンズが前記焦点位置の手前まで移動する所定時間、前記ピエゾアクチュエータに印加した後、前記変位電圧を前記ピゾアクチュエータに印加し前記対物レンズを静定させる駆動部と、
を備えることを特徴とする蛍光顕微鏡システム。

【請求項4】
 
前記駆動部は前記パルス電圧として前記変位電圧の逓倍の電圧を印加することを特徴とする請求項3記載の蛍光顕微鏡システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013175477thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close