Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNA

(In Japanese)プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNA NEW_EN meetings

Patent code P190016328
File No. (S2016-1138-N0)
Posted date Aug 27, 2019
Application number P2018-538468
Date of filing Sep 7, 2017
International application number JP2017032310
International publication number WO2018047909
Date of international filing Sep 7, 2017
Date of international publication Mar 15, 2018
Priority data
  • P2016-175758 (Sep 8, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)小笠原 慎治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
Title (In Japanese)プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNA NEW_EN meetings
Abstract (In Japanese)下記式(Ia)等で表されるプリンヌクレオシド誘導体が開示される。
【化1】
 
(省略)
X1及びX2はぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR2=(R2はアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、R1は水素原子又は置換されていてもよいアルキル基を示し、Zは糖残基を示す。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1は、特定の波長を有する光の照射によってタンパク質の産生量を制御し得るRNAを開示している。非特許文献1は、各種の核酸機能の光制御について記載している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、プリンヌクレオシド誘導体、ポリヌクレオチド及びRNAに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(Ia)、(Ib)、(IIa)又は(IIb):
【化1】
 
(省略)
で表され、これら式中、X1及びX2はぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR2=(R2はアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、R1は水素原子又は置換されていてもよいアルキル基を示し、Zは下記式(III):
【化2】
 
(省略)
で表される糖残基を示し、式中、*は窒素原子との結合部位を示し、Y2は水素原子又は水酸基を示し、Y5は水酸基又はリン酸基を示し、式中の水酸基及びリン酸基はそれぞれ独立にアニオン化していても、化学修飾されていてもよい、
プリンヌクレオシド誘導体。

【請求項2】
 
下記式(Ia)、(Ib)、(IIa)又は(IIb):
【化3】
 
(省略)
で表され、これら式中、X1及びX2はぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR2=(R2はアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、R1は水素原子又は置換されていてもよいアルキル基を示し、Zは下記式(IV):
【化4】
 
(省略)
で表される基を示し、式中、*は窒素原子との結合部位を示し、Baseは核酸塩基を示し、式中の水酸基及びリン酸基はそれぞれ独立にアニオン化していても、化学修飾されていてもよい、
プリンヌクレオシド誘導体。

【請求項3】
 
下記式(Ia’)、(Ib’)、(IIa’)又は(IIb’):
【化5】
 
(省略)
で表される塩基部分及びこれが結合した糖部分を有する修飾ヌクレオチド単位を含み、これら式中、X1及びX2はぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR2=(R2はアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、R1は水素原子又は置換されていてもよいアルキル基を示し、Z’は前記糖部分との結合部位を示す、
ポリヌクレオチド。

【請求項4】
 
下記式(V):
【化6】
 
(省略)
で表される5’キャップ構造を有するRNAであって、式中、*はポリヌクレオチドの5’末端との結合部位を示し、X1及びX2はぞれぞれ独立に窒素原子、-CH=又は-CR2=(R2はアルキル基を示す。)を示し、Arは置換されていてもよいアリール基又は置換されていてもよいヘテロアリール基を示し、式中の水酸基及びリン酸基はアニオン化していても、化学修飾されていてもよい、
RNA。

【請求項5】
 
請求項4に記載のRNAが導入された真核細胞に光を照射することを含む、タンパク質の産生量を制御する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018538468thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close