Top > Search of Japanese Patents > IMMUNITY ACTIVATION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT, AND PRODUCTION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT HAVING ACTIVATED IMMUNITY

IMMUNITY ACTIVATION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT, AND PRODUCTION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT HAVING ACTIVATED IMMUNITY UPDATE_EN meetings

Patent code P190016363
File No. T2016-127
Posted date Sep 19, 2019
Application number P2017-214231
Publication number P2019-083736A
Date of filing Nov 6, 2017
Date of publication of application Jun 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)有村 源一郎
  • (In Japanese)助川 聖
  • (In Japanese)鈴木 駿平
  • (In Japanese)樋上 智大
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title IMMUNITY ACTIVATION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT, AND PRODUCTION METHOD OF CRUCIFEROUS PLANT HAVING ACTIVATED IMMUNITY UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an immunity activation method of a cruciferous plant utilizing a flavor component of peppermint; and to provide a production method of a cruciferous plant having activated immunity.
SOLUTION: An immunity activation method of a cruciferous plant includes a step for exposing a flavor component of peppermint to the cruciferous plant. A production method of a cruciferous plant having activated immunity is also provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、農業関連分野において、コンパニオンプランツを用いた栽培方法が注目されている。コンパニオンプランツとは、栽培作物と共生し、栽培作物に対して有益な効果を発揮する植物のことをいう。コンパニオンプランツによる効果としては、害虫の忌避効果、植物の生長の促進効果等が挙げられる。

例えば、特許文献1では、コンパニオンプランツを用いて、害虫による食害や病気の感染を防ぐ無農薬土耕栽培法が開示されている。また、特許文献1では、害虫による被害に対し有益な効果を発揮する植物の組み合わせが開示されている。

しかしながら、コンパニオンプランツについては、その作用機序も含め、まだ科学的に解明されている例が少ない。植物の組み合わせによる効果は様々であり、反対に生育が悪くなる等の悪影響を及ぼし合う組み合わせもある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アブラナ科植物の免疫活性化方法及び免疫が活性化されたアブラナ科植物の生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アブラナ科植物にペパーミントの香気成分を曝露させることを含むアブラナ科植物の免疫活性化方法。

【請求項2】
 
アブラナ科植物の生育過程でペパーミントの香気成分を曝露させる請求項1に記載の免疫活性化方法。

【請求項3】
 
アブラナ科植物とペパーミントとを混栽することによりペパーミントの香気成分をアブラナ科植物に曝露させる請求項2に記載の免疫活性化方法。

【請求項4】
 
アブラナ科植物の害虫抵抗性を向上させる請求項1から3のいずれか1項に記載の免疫活性化方法。

【請求項5】
 
アブラナ科植物に含まれるグルコシノレートの生産を促進する請求項1から4のいずれか1項に記載の免疫活性化方法。

【請求項6】
 
アブラナ科植物がコマツナである請求項1から5のいずれか1項に記載の免疫活性化方法。

【請求項7】
 
アブラナ科植物にペパーミントの香気成分を曝露させることを含む免疫が活性化されたアブラナ科植物の生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017214231thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close