TOP > 国内特許検索 > 行動分析システム

行動分析システム

国内特許コード P190016367
整理番号 H29-051
掲載日 2019年10月2日
出願番号 特願2018-032481
公開番号 特開2019-148925
出願日 平成30年2月26日(2018.2.26)
公開日 令和元年9月5日(2019.9.5)
発明者
  • 小柴 満美子
  • 渡辺 英則
  • 張山 昌論
  • 仙田 満
  • 谷口 新
  • 久保田 健夫
  • 大豆生田 啓友
  • 佐藤 瞭太
  • 甲斐 龍生
  • 花本 晃太朗
  • 藤田 晃司
  • 陶 ▲亭▼
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 行動分析システム
発明の概要 【課題】被検者の行動を多面的に把握することのできる行動分析システムを提供すること及び複数の被検者が互いにどのような関係にあるかについて認識や分析を行うことのできる行動分析システムを提供する。
【解決手段】行動分析システムは、ビデオカメラ11、画像メモリ12、マイクロホン13及び音声メモリ14を備えるカメラ付き帽子1と、心拍計21、心拍メモリ22、加速度計23、加速度メモリ24、体表温度計25及び体表温メモリ26を備える胸部バンド2と、各種分析装置15、16、27~29と、各種分析装置の分析結果に基づいて被検者の行動及び状態を分析し、分析結果を表示する行状分析装置3を備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要

従来、特許文献1(特開2004-280376号公報)に記載されるように、カメラを人等に装着し、カメラにより撮影された動画像によって人物行動の常時観察を可能にするとともに、その動画像を分析して人等の行動を認識する行動認識装置が提案されている。
また、特許文献2(特開2004-8471号公報)に記載されるように、体温と外気温を測定する温度センサを装着した装着者の体温と外気温を測定時刻と共に記憶するとともに、記憶された体温と外気温に基づいて装着者の行動を推測することができる行動状況解析システムが提案されている。

そして、このような行動認識装置や行動状況解析システムによれば、被検者が屋内・屋外を問わずに移動する場合でも、被検者がどのような行動をしているかを認識することが可能となり、被検者の安全管理などを効率的に行うことができる。

しかし、特許文献1の行動認識装置はカメラを装着するだけであり、特許文献2の行動状況解析システムは体温と外気温を測定する温度センサを装着するだけであるため、多面的に人等の行動を把握することができなかった。
また、特許文献1、2共に、カメラや温度センサを装着した人等の行動を認識、分析又は推測するものであって、複数の被検者にカメラや温度センサを装着して、それらの被検者が互いにどのような関係にあるかについて、認識や分析を行うシステムではなかった。

産業上の利用分野

本発明は、被検者の情動行動の発達を定量分析するための行動分析システムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
被検者の頭部に装着されたビデオカメラ及びマイクロホンと、
前記被検者の胸部に装着された心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つと、
前記ビデオカメラで撮影された動画像を記録する画像メモリと、
前記マイクロホンで検知された音声を記録する音声メモリと、
前記心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つで検出された計測データを記録する信号メモリと、
前記画像メモリに記録された動画像に基づいて前記被検者の視線を分析する視線分析装置と、
前記音声メモリに記録された音声に基づいて前記被検者の言葉を分析する言語分析装置と、
前記信号メモリに記録された計測データに基づいて前記被検者の生理を分析する生理分析装置と、
前記視線分析装置、前記言語分析装置及び前記生理分析装置の分析結果に基づいて、前記被検者の行動又は状態を分析する行状分析装置を備える
ことを特徴とする行動分析システム。

【請求項2】
複数の被検者の頭部に装着されたビデオカメラ及びマイクロホンと、
前記複数の被検者の胸部に装着された心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つと、
前記ビデオカメラで撮影された動画像を記録する画像メモリと、
前記マイクロホンで検知された音声を記録する音声メモリと、
前記心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つで検出された計測データを記録する信号メモリと、
前記画像メモリに記録された動画像に基づいて前記複数の被検者の視線を分析する視線分析装置と、
前記音声メモリに記録された音声に基づいて前記複数の被検者の言葉を分析する言語分析装置と、
前記信号メモリに記録された計測データに基づいて前記複数の被検者の生理を分析する生理分析装置と、
前記視線分析装置、前記言語分析装置及び前記生理分析装置の分析結果に基づいて、前記複数の被検者の行動又は状態を分析する行状分析装置と、
前記分析結果に基づいて、前記複数の被検者の行動又は状態の相関関係を認識する行状相関認識装置を備える
ことを特徴とする行動分析システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2018032481thum.jpg
出願権利状態 公開
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close