Top > Search of Japanese Patents > BEHAVIOR ANALYSIS SYSTEM

BEHAVIOR ANALYSIS SYSTEM

Patent code P190016367
File No. H29-051
Posted date Oct 2, 2019
Application number P2018-032481
Publication number P2019-148925A
Date of filing Feb 26, 2018
Date of publication of application Sep 5, 2019
Inventor
  • (In Japanese)小柴 満美子
  • (In Japanese)渡辺 英則
  • (In Japanese)張山 昌論
  • (In Japanese)仙田 満
  • (In Japanese)谷口 新
  • (In Japanese)久保田 健夫
  • (In Japanese)大豆生田 啓友
  • (In Japanese)佐藤 瞭太
  • (In Japanese)甲斐 龍生
  • (In Japanese)花本 晃太朗
  • (In Japanese)藤田 晃司
  • (In Japanese)陶 ▲亭▼
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title BEHAVIOR ANALYSIS SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a behavior analysis system capable of grasping the behavior of a subject from various aspects, and recognizing and analyzing how multiple subjects are related to each other.
SOLUTION: The behavior analysis system is provided with: a hat 1 with a camera including a video camera 11, an image memory 12, a microphone 13, and an audio memory 14; a chest band 2 including a heart rate monitor 21, a heart rate memory 22, an accelerometer 23, an acceleration memory 24, a body surface temperature gauge 25, and a body surface temperature memory 26; various analysis devices 15, 16, and 27 through 29; and a behavior analysis device 3 for analyzing behaviors and states of subjects on the basis of analysis results of the various analysis devices, and displaying the analysis results.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、特許文献1(特開2004-280376号公報)に記載されるように、カメラを人等に装着し、カメラにより撮影された動画像によって人物行動の常時観察を可能にするとともに、その動画像を分析して人等の行動を認識する行動認識装置が提案されている。
また、特許文献2(特開2004-8471号公報)に記載されるように、体温と外気温を測定する温度センサを装着した装着者の体温と外気温を測定時刻と共に記憶するとともに、記憶された体温と外気温に基づいて装着者の行動を推測することができる行動状況解析システムが提案されている。

そして、このような行動認識装置や行動状況解析システムによれば、被検者が屋内・屋外を問わずに移動する場合でも、被検者がどのような行動をしているかを認識することが可能となり、被検者の安全管理などを効率的に行うことができる。

しかし、特許文献1の行動認識装置はカメラを装着するだけであり、特許文献2の行動状況解析システムは体温と外気温を測定する温度センサを装着するだけであるため、多面的に人等の行動を把握することができなかった。
また、特許文献1、2共に、カメラや温度センサを装着した人等の行動を認識、分析又は推測するものであって、複数の被検者にカメラや温度センサを装着して、それらの被検者が互いにどのような関係にあるかについて、認識や分析を行うシステムではなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、被検者の情動行動の発達を定量分析するための行動分析システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検者の頭部に装着されたビデオカメラ及びマイクロホンと、
前記被検者の胸部に装着された心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つと、
前記ビデオカメラで撮影された動画像を記録する画像メモリと、
前記マイクロホンで検知された音声を記録する音声メモリと、
前記心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つで検出された計測データを記録する信号メモリと、
前記画像メモリに記録された動画像に基づいて前記被検者の視線を分析する視線分析装置と、
前記音声メモリに記録された音声に基づいて前記被検者の言葉を分析する言語分析装置と、
前記信号メモリに記録された計測データに基づいて前記被検者の生理を分析する生理分析装置と、
前記視線分析装置、前記言語分析装置及び前記生理分析装置の分析結果に基づいて、前記被検者の行動又は状態を分析する行状分析装置を備える
ことを特徴とする行動分析システム。

【請求項2】
 
複数の被検者の頭部に装着されたビデオカメラ及びマイクロホンと、
前記複数の被検者の胸部に装着された心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つと、
前記ビデオカメラで撮影された動画像を記録する画像メモリと、
前記マイクロホンで検知された音声を記録する音声メモリと、
前記心拍計、加速度計及び体表温度計のうちの少なくともいずれか一つで検出された計測データを記録する信号メモリと、
前記画像メモリに記録された動画像に基づいて前記複数の被検者の視線を分析する視線分析装置と、
前記音声メモリに記録された音声に基づいて前記複数の被検者の言葉を分析する言語分析装置と、
前記信号メモリに記録された計測データに基づいて前記複数の被検者の生理を分析する生理分析装置と、
前記視線分析装置、前記言語分析装置及び前記生理分析装置の分析結果に基づいて、前記複数の被検者の行動又は状態を分析する行状分析装置と、
前記分析結果に基づいて、前記複数の被検者の行動又は状態の相関関係を認識する行状相関認識装置を備える
ことを特徴とする行動分析システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018032481thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close