Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)イオン化装置

(In Japanese)イオン化装置

Patent code P190016380
File No. S2018-0370-N0
Posted date Oct 3, 2019
Application number P2018-024518
Publication number P2019-140044A
Date of filing Feb 14, 2018
Date of publication of application Aug 22, 2019
Inventor
  • (In Japanese)瀬藤 光利
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学
Title (In Japanese)イオン化装置
Abstract (In Japanese)
【課題】
 質量分析により適した構造を有するイオン化装置を提供すること。
【解決手段】
 基端部に供給される溶媒を先端から噴霧する筒状のキャピラリ20を備えるイオン化装置1であって、キャピラリ20は、軸方向に沿って、その内周面に、溶媒に旋回運動を与える旋条23を備える。キャピラリ20は、筒状であり、溶媒を内部に流通可能な内筒21と、内筒21の径方向外方に配置される外筒22であって、内周面と内筒21の外周面との間に補助流体を流通可能な外筒22と、を更に備え、旋条23は、内筒21の内周面に、軸方向に沿って配置されるとともに、内筒21の外周面及び外筒22の内周面の少なくとも一方に、軸方向に沿って更に配置されてもよい。
【選択図】
 図1
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

キャピラリを備え、キャピラリの先端から少なくとも2種類以上の溶媒を含む液滴を噴霧するエレクトロスプレーイオン化装置(以下、ESIという)が知られている。このESIは、キャピラリに電圧を印加することで、イオン化した液滴をキャピラリの先端から噴霧する装置である。このような装置の一例として、質量分析装置とセットとして用いられるものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、イオン化装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基端部に供給される溶媒を先端から噴霧する筒状のキャピラリを備えるイオン化装置であって、
前記キャピラリは、軸方向に沿って、その内周面に、溶媒に旋回運動を与える旋条を備えるイオン化装置。

【請求項2】
 
前記キャピラリは、
筒状であり、溶媒を内部に流通可能な内筒と、
前記内筒の径方向外方に配置される外筒であって、内周面と前記内筒の外周面との間に補助流体を流通可能な外筒と、
を更に備え、
前記旋条は、前記内筒の内周面に、軸方向に沿って配置されるとともに、前記内筒の外周面及び前記外筒の内周面の少なくとも一方に、軸方向に沿って更に配置される請求項1に記載のイオン化装置。

【請求項3】
 
前記旋条は、前記内筒又は前記外筒の基端部から先端部に向かうにしたがって、ピッチが大きくなる請求項2に記載のイオン化装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018024518thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mai if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close