TOP > 国内特許検索 > 紫外・赤外線吸収剤

紫外・赤外線吸収剤 NEW コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P190016388
整理番号 2016-052
掲載日 2019年10月7日
出願番号 特願2017-116158
公開番号 特開2019-001869
出願日 平成29年6月13日(2017.6.13)
公開日 平成31年1月10日(2019.1.10)
発明者
  • 横川 善之
出願人
  • 公立大学法人大阪
発明の名称 紫外・赤外線吸収剤 NEW コモンズ 新技術説明会
発明の概要 透光性に優れ、紫外・赤外線吸着能を有して熱吸水性が高い紫外・赤外線吸収剤、特に樹脂添加の際に分散性に優れた、樹脂用セラミックス添加剤(フィラ―)を提供する。[Zn1-XAl2-X(OH)][An-x/n・H2O](式中、Aは硝酸根およびホウ酸根から選択されるアニオン、Xは0.2~0.4、nはアニオンの価数である)で表されるZn-Al系層状複水酸化物を構成成分として含む紫外・赤外線吸収剤により、上記の課題を解決する。
産業上の利用分野 本発明は、紫外・赤外線吸収剤に関する。さらに詳しくは、本発明は、特定の層状複水酸化物を構成成分として含む紫外・赤外線吸収剤に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】
[Zn1-xAl2-x(OH)][An-x/n・H2O]
(式中、Aは硝酸根およびホウ酸根から選択されるアニオン、Xは0.2~0.4、nはアニオンの価数である)
で表されるZn-Al系層状複水酸化物を構成成分として含む紫外・赤外線吸収剤。

【請求項2】
前記紫外・赤外線吸収剤が、波長400~800nmの可視光領域において80~95%の透光性を有し、かつ波長240~400nmの紫外線領域において90~80%、および波長900~2500nmの近赤外領域において80~30%の吸収を有する請求項1に記載の紫外・赤外線吸収剤。

【請求項3】
前記紫外・赤外線吸収剤が、合成樹脂用フィラーである請求項1または2に記載の紫外・赤外線吸収剤。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_JPA 501001869_i_000002.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close