Top > Search of Japanese Patents > ULTRAVIOLET AND INFRARED ABSORBER

ULTRAVIOLET AND INFRARED ABSORBER commons meetings

Patent code P190016388
File No. 2016-052
Posted date Oct 7, 2019
Application number P2017-116158
Publication number P2019-001869A
Date of filing Jun 13, 2017
Date of publication of application Jan 10, 2019
Inventor
  • YOKOGAWA YOSHIYUKI
Applicant
  • UNIVERSITY PUBLIC CORPORATION OSAKA
Title ULTRAVIOLET AND INFRARED ABSORBER commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ultraviolet and infrared absorber that has excellent translucency, and has an ultraviolet and infrared absorption ability with high heat absorbency, specifically, a resin ceramic additive (filler) having excellent dispersibility when adding a resin.
SOLUTION: An ultraviolet and infrared absorber contains a Zn-Al layered double hydroxide represented by [Zn1-xAl2-x(OH)][An-x/n H2O] (where A is an anion selected from a nitric acid radical and a boric acid radical, X is 0.2-0.4, n is a valence of the anion) as a component.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

層状複水酸化物(Layered Double Hydroxide:LDH)は、次の組成式:
[M12+1-xM23+x(OH-)][An-x/n・mH2O]
(式中、M2+は2価の陽イオン、M3+は3価の陽イオン、An-はn価の陰イオン、Xは0.2~0.4、nは1~3、mはホスト層とゲスト層の単位繰り返しに含まれる層間水分子の平均数である)
で表される粘土鉱物の一種である。
この組成式のようにLDHは、それぞれ[ホスト層]および[ゲスト層]と呼ばれる2層からなり、ゲスト層の陰イオンが置換し得るアニオン交換体であり、このLDHのアニオン交換性を利用して、染料の除去、硝酸性窒素、リン酸、ヨウ素イオンなどの吸着による環境浄化、資源回収への応用が検討されている。

LDHのアニオン交換性を利用し、特定の機能を有するアニオンをLDHの層間に挿入(インターカレーション処理)する研究がなされている。
例えば、特開2002-167570号公報(特許文献1)には、紫外線を吸収する化合物がLDHの層間に取り込まれた複合体およびそれを含有する外用剤が開示されている。
特許文献1には、一般式
[M2+1-xM3+x(OH)2x+[An-x/n・yH2O]x-
(式中、M2+は2価金属イオン、M3+は3価金属イオン、An-はn価のアニオン、0.2≦x≦0.4)
で表されるLDHが記載され、具体的には、M2+=Zn、M3+=Al、An-=CO32-のLDHが記載されている。
また、特許文献1の複合体は、紫外線を吸収する化合物の紫外線吸収効果と共に、LDHの紫外線反射散乱効果により、紫外線の皮膚への悪影響を軽減できることから、軟膏剤、クリーム剤、乳剤などの外用剤として有用であるとされている。

また、LDHは、合成樹脂の強度や耐久性を向上させるためのフィラーとしても広く用いられている。
例えば、ハウスやトンネルなどの温室栽培に用いられる農業用フィルムは、昼間の太陽光線を高い透過率で効率よく透過させる一方、夜間には地面や植物から輻射される赤外線を吸収や反射などによりハウスやトンネルの外に放出させないなどの特性が要求される。
一方、紫外線による劣化防止および保温効果を有する添加剤がフィラーとしてフィルム樹脂と併せて用いられている。
また、農業用フィルムは、透明性、強度、防曇性、防露性、保温性、長期耐久性などが要求されている。そこで、フィルムのフィラーとして、強度や耐久性の向上のため、セラミックスが利用され、フィルム樹脂に分散させるため、可塑性に優れる粘土鉱物も広く利用されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、紫外・赤外線吸収剤に関する。さらに詳しくは、本発明は、特定の層状複水酸化物を構成成分として含む紫外・赤外線吸収剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
[Zn1-xAl2-x(OH)][An-x/n・H2O]
(式中、Aは硝酸根およびホウ酸根から選択されるアニオン、Xは0.2~0.4、nはアニオンの価数である)
で表されるZn-Al系層状複水酸化物を構成成分として含む紫外・赤外線吸収剤。

【請求項2】
 
前記紫外・赤外線吸収剤が、波長400~800nmの可視光領域において80~95%の透光性を有し、かつ波長240~400nmの紫外線領域において90~80%、および波長900~2500nmの近赤外領域において80~30%の吸収を有する請求項1に記載の紫外・赤外線吸収剤。

【請求項3】
 
前記紫外・赤外線吸収剤が、合成樹脂用フィラーである請求項1または2に記載の紫外・赤外線吸収剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017116158thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close