Top > Quick Search > Search patent in Japan > (In Japanese)アップコンバージョン蛍光体

(In Japanese)アップコンバージョン蛍光体 UPDATE_EN

Patent code P190016471
File No. T2-17010-T
Posted date Nov 5, 2019
Application number P2018-037258
Publication number P2019-151724A
Date of filing Mar 2, 2018
Date of publication of application Sep 12, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山本 伸一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人龍谷大学
Title (In Japanese)アップコンバージョン蛍光体 UPDATE_EN
Abstract (In Japanese)
【課題】
 高強度および高純度の赤色光を放出するアップコンバージョン蛍光体を提供する。
【解決手段】
 CaMoO4系の複合酸化物を母材とし、Yb、Ho、TmおよびCeを活性成分として有し、Ceの含有量がHoおよびTmのいずれとも等モル以上であるセラミックスからなることを特徴とするアップコンバージョン型蛍光体に関する。
【選択図】
 なし
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

励起波長よりも短い波長の光を放出する蛍光体は、アップコンバージョン蛍光体と呼ばれている。低エネルギーの赤外線を照射することで、高エネルギーの可視光線を発光することが可能である。たとえば、低コスト・高出力の近赤外線半導体レーザーやLEDを励起光源とすることで、低コスト・高演色性白色LEDが実現可能であり、また、体に有害な紫外線励起の材料を使用せずに、近赤外線を使うことで、安全性が担保できるバイオイメージングや、太陽光に含まれる赤外線エネルギーを可視光のエネルギーに変換することで、太陽電池の高効率化が期待できる。

アップコンバージョン蛍光体に使用される材料は、90数%の母体材料と数%の発光材料により構成され、発光材料が複数の光子を同時あるいは逐次的に吸収して、多段階励起された電子が上方の準位から遷移することで発光する。たとえば、特許文献1には、CakK2(Yb1-x,Erx2(MO4k+4で表される発光体が開示されている。しかしながら、発光強度も発光純度も低いものであった。

また、CaとMoの複合酸化物を母体材料として、TmおよびYbを活性成分としたアップコンバージョン蛍光体も知られている。しかしながら、目的とする赤色発光(波長650nm)のほかに、緑色(550nm)と青色(460nm)の発光もあり、赤色の純度が低いという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高純度の赤色光を放出するアップコンバージョン蛍光体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CaMoO4系の複合酸化物を母材とし、Yb、Ho、TmおよびCeを活性成分として有し、
Ceの含有量がHoおよびTmのいずれとも等モル以上であるセラミックスからなることを特徴とするアップコンバージョン型蛍光体。

【請求項2】
 
赤外光照射により発光する赤色光の色度座標値が、XY色度において、X=0.55以上、および、Y=0.4以下であることを特徴とする請求項1に記載のアップコンバージョン型蛍光体。

【請求項3】
 
沈殿法によって得られた請求項1または2に記載のアップコンバージョン型蛍光体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close