Top > Search of Japanese Patents > LIGHT REFLECTION ELEMENT

LIGHT REFLECTION ELEMENT

Patent code P190016489
File No. S2018-0567-N0
Posted date Nov 25, 2019
Application number P2018-081467
Publication number P2019-191296A
Date of filing Apr 20, 2018
Date of publication of application Oct 31, 2019
Inventor
  • (In Japanese)根尾 陽一郎
  • (In Japanese)冨田 誠
  • (In Japanese)松本 貴裕
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
  • (In Japanese)公立大学法人名古屋市立大学
Title LIGHT REFLECTION ELEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light reflection element capable of actively controlling reflectance.
SOLUTION: A light reflection element 1 comprises an upper conductive film 7 receiving light 100 and emitting light 101, a lower conductive film 9 placed away from the upper conductive film 7 in the thickness direction of the upper conductive film 7, an electro-optical film 8 placed between the upper conductive film 7 and the lower conductive film 9 so as to be in contact with the upper conductive film 7 and the lower conductive film 9, and a power source 6 electrically connected to the upper conductive film 7 and the lower conductive film 9 to apply voltage to the electro-optical film 8. The upper conductive film 7, the electro-optical film 8 and the lower conductive film 9 constitute an optical waveguide part 12. The upper conductive film 7 and the lower conductive film 9 have electric conductivity. A refractive index of the electro-optical film 8 changes according to voltage applied by the power source 6. A refractive index of the electro-optical film 8 is larger than refractive indices of the upper conductive film 7 and the lower conductive film 9.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

非特許文献1は、表面プラズモン共鳴を利用する光素子を開示する。この光素子は、プリズムと、当該プリズムに設けられたMIM(Metal-Insulator-Metal)多層構造と、を有する。

非特許文献1の光素子は、光素子へ入射する光の条件及び特性に応じて光学特性が変化する。例えば、光が表面プラズモン共鳴条件を満たさない場合、表面プラズモン共鳴が発生しない。従って、光は反射してプリズムから出射される。つまり、光素子の反射率は所定値を有する。一方、入射光が表面プラズモン共鳴条件を満たす場合、表面プラズモン共鳴が発生する。従って、光は表面プラズモン共鳴によって吸収されるのでプリズムから出射される光は減少する。つまり、光素子の反射率は低下する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光反射素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
入射光を受けると共に出射光を出射する第1導電層と、
前記第1導電層に対して、前記第1導電層の厚み方向に離間して配置された第2導電層と、
前記第1導電層及び前記第2導電層の間に配置されて、前記第1導電層及び前記第2導電層のそれぞれに対して電気的及び光学的に接する電気光学層と、
前記第1導電層及び前記第2導電層に電気的に接続されて、前記電気光学層に電圧を印加する電源と、を備え、
前記第1導電層、前記電気光学層及び前記第2導電層は、光導波路部を構成し、
前記第1導電層及び前記第2導電層は、電気伝導性を有し、
前記電気光学層は、前記電源から印加された電圧に応じて屈折率が変化し、
前記電気光学層の屈折率は、前記第1導電層及び前記第2導電層の屈折率より大きい、光反射素子。

【請求項2】
 
前記第2導電層は、負の誘電率を有する金属薄膜であり、前記電気光学層から放射された光に応じて表面プラズモンを生成する、請求項1に記載の光反射素子。

【請求項3】
 
前記光導波路部が導波モードであるとき、前記第2導電層において前記表面プラズモンが生成される、請求項2に記載の光反射素子。

【請求項4】
 
前記第1導電層上には、所定の入射角度を有する光を前記電気光学層に対して前記入射光として提供するプリズムが配置される、請求項2又は3に記載の光反射素子。

【請求項5】
 
前記第1導電層は、金であり、
前記電気光学層は、一次電気光学効果又は二次電気光学効果を有するPLZTセラミックスであり、
前記第2導電層は、銀である、請求項1~4の何れか一項に記載の光反射素子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 2K102AA22
  • 2K102AA24
  • 2K102AA40
  • 2K102BA05
  • 2K102BB01
  • 2K102BC04
  • 2K102BD08
  • 2K102DA03
  • 2K102DB08
  • 2K102DD04
  • 2K102DD08
  • 2K102EA02
  • 2K102EA16
  • 2K102EB02
  • 2K102EB14
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018081467thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close