Top > Search of Japanese Patents > PROGRAM, INFORMATION STORAGE MEDIUM AND CLUSTERING APPARATUS

PROGRAM, INFORMATION STORAGE MEDIUM AND CLUSTERING APPARATUS UPDATE_EN

Patent code P190016491
File No. S2018-0425-N0
Posted date Nov 25, 2019
Application number P2018-082354
Publication number P2019-191815A
Date of filing Apr 23, 2018
Date of publication of application Oct 31, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中川 正樹
  • (In Japanese)ヴ・トラン・ミン・クオン
  • (In Japanese)ウン・コアン・フィ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title PROGRAM, INFORMATION STORAGE MEDIUM AND CLUSTERING APPARATUS UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a clustering apparatus and the like capable of reducing scoring errors and scoring variability by markers and improving scoring efficiency.
SOLUTION: The clustering device includes: a feature extraction unit that extracts, from handwritten mathematical expression patterns, a direction feature, a feature related to the number of appearances of symbols, a feature related to the number of appearances of a positional relationship between the symbols, and at least two features including the direction feature out of features related to the number of appearance positions of the symbols; and a classification unit that classifies a plurality of handwritten mathematical expression patterns into a plurality of groups according to similarity based on the at least two features extracted from each of the plurality of handwritten mathematical expression patterns.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

受験者(解答者)の考える力を育て、それを測るために、選択式の問題だけでなく記述式の問題を課す必要性が社会的に認識されてきている。記述式問題を課す場合、短期間で信頼性の高い採点を行うことが求められる。手書き認識の技術を用いれば、人による採点を支援する採点支援や自動採点を行うことが可能となる。記述式解答の必要性が高い算数・数学において、手書き解答の認識を採用した学習システムのプロトタイプが発表されている(例えば、非特許文献1~3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、プログラム、情報記憶媒体及びクラスタリング装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
手書き入力された複数の手書き数式パターンを分類するためのプログラムであって、
前記手書き数式パターンから、方向特徴と、シンボルの出現個数に関する特徴と、シンボル間の位置関係の出現個数に関する特徴と、シンボルの出現位置に関する特徴のうち、前記方向特徴を含む少なくとも2つの特徴を抽出する特徴抽出部と、
複数の前記手書き数式パターンのそれぞれから抽出した前記少なくとも2つの特徴に基づいて、複数の前記手書き数式パターンを類似度に応じて複数のグループに分類する分類部としてコンピュータを機能させることを特徴とするプログラム。

【請求項2】
 
請求項1において、
前記特徴抽出部は、
シンボルの出現位置に関する特徴として、位置毎のシンボルの出現個数に関する特徴を抽出することを特徴とするプログラム。

【請求項3】
 
請求項1又は2において、
前記特徴抽出部は、
シンボルの出現位置に関する特徴として、位置毎の前記位置関係の出現個数に関する特徴を抽出することを特徴とするプログラム。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか1項において、
前記特徴抽出部は、
前記手書き数式パターンから数式認識エンジンにより数式を認識し、認識結果に基づいて、シンボルの出現個数に関する特徴と、シンボル間の位置関係の出現個数に関する特徴と、シンボルの出現位置に関する特徴とを抽出することを特徴とするプログラム。

【請求項5】
 
手書き入力された複数の手書き数式パターンを分類するクラスタリング装置であって、
前記手書き数式パターンから、方向特徴と、シンボルの出現個数に関する特徴と、シンボル間の位置関係の出現個数に関する特徴と、シンボルの出現位置に関する特徴のうち、前記方向特徴を含む少なくとも2つの特徴を抽出する特徴抽出部と、
複数の前記手書き数式パターンのそれぞれから抽出した前記少なくとも2つの特徴に基づいて、複数の前記手書き数式パターンを類似度に応じて複数のグループに分類する分類部とを含むことを特徴とするクラスタリング装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018082354thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close